お腹の子は女の子

お腹の子の性別がわかるのは、早い人で妊娠五ヶ月くらい。
あくまでエコーで見るしかないから、運悪く生まれるまで見えない人もいるみたいです。
性別にはいろいろジンクスがあるらしく、お腹が目立ってくると多方面から予想大会が始まります。

「お腹が前に出てるから男の子」
「塩っ辛いものを好むと男の子」
「胎動が大きいと男の子」
などなど・・・

ほほう、なるほど。
つまりジンクスによると私のお腹の子は男の子らしい。

本当は女の子がいいなぁとなんとなく思っていましたが、こう「男の子でしょ!」と言われると、男の子な気がしてきます。
しかしそうすると、脳内にあふれる息子と戯れる自分。

息子と公園デビューする私。
息子に「ママと結婚する」と言われる私。
息子とデートする私。

なんだか息子な気がしてきました!(単純

すっかり息子ラブな気分になった私に、産婦人科医が言った言葉は
「女の子です」

おっとっと。
まさかの女の子!!
ジンクス全然当たってないじゃん!汗

当初希望したとおりの女の子で嬉しいっちゃうれしかったんですが、もうすっかり息子だと思っていたのでなんだか寂しい気持ちになってしまいました。笑

とはいえ、性別がわかるといきなり具体的に用意とかしたくなる気持ちがムクムク!
うれしくって、性別がわかった病院帰りに赤ちゃん服を見に行ったのを覚えてます。
「この服かわいい!」と衝動で買いそうになったところを、「もしかしたら男かもしれないから!」と実母に止められました。笑

性別も判明し、妊婦生活も後半に。
ここからは増え行く体重との戦いになるのです。。。

関連記事

ブログランキングに参加しています。
面白いと思って下さったら、1日1クリックで応援してもらえると励みになります!
クリックして応援してください


▼いつもありがとうございます。 もし気に入っていただけたらソーシャルブックマークでシェアしていただけると大変励みになります。



コメント

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
QRコード
QR
ブログランキング
▼ スポンサード リンク


▼いつもありがとうございます。
もし気に入っていただけたらソーシャルブックマークでシェアしていただけると大変励みになります。