一人暮らしのアパートでも飼える!うさぎとの生活

4コマ漫画

うさぎは一人暮らしのアパートでも飼える


ペットは飼いたいけど、犬や猫は鳴き声がうるさいし臭いが気になる…という一人暮らしの方は多いのではないでしょうか。
私も同じような気持ちであきらめていました。
そんな方に「うさぎ」という選択肢をお勧めします。

うさぎは鳴き声がないので、ご近所トラブルにはなることはありません。
トイレも、おしっこはちょっと匂うけど、猫のおしっこなどに比べると全然きになりませんし、こまめに掃除すればほとんど臭いません。
ウンチは固くコロコロしていて臭いません。食べ物が草食なので当然と言えば当然ですよね。

ペットショップ市場では、犬猫がほとんどを占めていて、その次にあたる小動物というポジションにうさぎやハムスターはいるんじゃないでしょうか。
イオンなどのペットショップには居ないことが多いですが、少し大きめなホームセンターやウサギ専門店にうさちゃんはいます。

うさぎを飼う環境・買う物


うさぎを飼うにあたり必要なのは、最低限以下のものが必要です。

・小動物用のケージ
・ケージ内に置くトイレ
・水飲み器
・餌箱
・ドライフード
・牧草(チモシー)
・トイレ砂 or トイレシート
・爪切り

絶対必要とかではないけど、以下の物はあると便利です。

・動物用サークル(柵みたいなもの)
・掃除用スプレー
・掃除用シート(おむつふきみたいなの)
・時々あげるうさぎ用おやつ

ざっと書くとこんなもんでしょうか。
文章にすると結構あるような気がしますが、初めに買ってしまえばあとはランニングコストは低いと思います。
ワンちゃんの様に食べる量も多くないし、外に出て遊ぶわけではないので避妊手術も必須ではありません。
(オスだと発情期に荒れるので避妊手術する場合も多いみたいですが、うちのうに(♂)は今のところ問題ないです)

うさぎを飼ってからのギャップ


うさぎのイメージは「おとなしい」「なつかない」「大きくなると巨大化する」そんなイメージでしたw
というのも、昔実家で飼っていたミニウサギがそんな感じで、一緒に飼っていた猫に比べてとても淡泊だった思い出もあったので余計にそう思っていました。

大人になってうにに出会い、一人暮らしのアパートで飼いはじめました。
すると想像していたうさぎとの生活とのギャップを感じ始めました。

①うさぎはよく懐く!


これは個体差が激しいと思いますが、うにはすごく私と旦那に懐いています。
帰ってくるとジャンプして喜び、足の周りをグルグル回ってうれしさをアピールします。
そして「うに!」と呼ぶと、走ってついてきます。

あんまり抱っこは好きじゃないみたいですが、テレビを見ているときに部屋で散歩させていると、一緒にソファに乗っていい子にしています。
ほんとうにかわいいです。
小さい頃はあまり撫でられるのも嫌がったんですが、最近では撫でてと要求するほどに。
意外に人懐っこいんです、うさぎって。

②トイレを覚える


これは人に話すと驚かれるのですが、うさぎはちゃんとトイレを覚えます。
コロコロウンチはポロッと落ちたりするけど、おしっこをトイレ以外ですることはないです。
部屋で散歩していても、トイレしに小屋に戻るほど。

とってもお利口さんですね!

③余った野菜をプレゼントできる!(笑)


ブロッコリーの芯や、キャベツの外側の葉など、通常は生ごみになってしまう野菜も、おいしく食べてくれます。
本当においしそうに食べてくれるので、新鮮な野菜もあげちゃうけど^^;
喜んで食べている姿は本当にかわいいです。

④そこまで大きくならない


うさぎといえば、小学校の時のうさぎ小屋のうさぎを思い出すことが多いと思いますが、あれはミニウサギという名の品種であることが多いです。
実家で昔飼っていたミニウサギは3キロ以上ありました。
名前とは裏腹に、大人になると猫くらいに大きくなるんですよね。かわいいけど!

最近は「ネザーランドドワーフ」という大きくならない品種なども多く、ずっと1.5キロくらいをキープしてくれます。
うちのうさぎはロップイヤーの雑種ですが、2キロくらいで少し小さめです。
もう大きくなっていないのでこのくらいで成長は止まっていると思います。

⑤壁ガードは必須!うさぎのかじり癖


これはマイナスな誤算!
うさぎはかじり癖が強く、部屋んぽ中は壁のコーナーをかじろうとします!
市販のコーナーガードや、手作りガードなどは用意していたほうがいいと思います。

生き物と住むという事を忘れないでほしい


うさぎはとてもかわいく、一緒に住む生活は癒されます。
でも、簡単に変えるわけではありません。

うさぎに限らず、生き物を飼っているとなかなか思うように外出できなかったり、急な出張などにも対応が難しくなります。
近くに協力者を見つけて、うさぎに負担がかからないような環境を用意できるか検討してから飼ってほしいと思います。

たしかにうさぎを飼うことは大変ですが、私はうにとの生活でかけがえのない時間と癒しをもらっています。
もしウサギと生活するようになったなら、めいいっぱいかわいがってあげてほしいと思います。

またうさぎと住む生活も更新していきます^^♪


関連記事

ブログランキングに参加しています。
面白いと思って下さったら、1日1クリックで応援してもらえると励みになります!
クリックして応援してください


▼いつもありがとうございます。 もし気に入っていただけたらソーシャルブックマークでシェアしていただけると大変励みになります。



コメント

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
QRコード
QR
ブログランキング
▼ スポンサード リンク


▼いつもありがとうございます。
もし気に入っていただけたらソーシャルブックマークでシェアしていただけると大変励みになります。