結婚式の招待状を、デザインから手作りしてみた

四コマ漫画
慣れない手つきで、夜な夜なリボンを作ってくれました。

結婚式の招待状は市販か手作りか


結婚式3か月前。
そろそろ結婚式の招待状を送らなければいけません(実際にはもう送ってますが)
招待状となると全員(一家に一部)に送らなければいけません。

そうなると気になるのは招待状の値段・・・

私たちのゲストは80名60世帯。
つまり60枚分の招待状が必要になります。

式場から勧められた招待状は安い物でも1部400円。高いものだと600円くらいした気がします。
確かにキャラクターがついていたり、カットが素敵だったり…値段が高いだけあるなぁとは思います。
でももちろんこんなに高額を招待状につぎ込むわけにはいきません。

そこで帰ってから、通販とかで買える安めの招待状をチェック。
通販だと本当に値段が様々!!
100円くらいから500円くらいまで…

どうせなら自分達らしく!手作り招待状


100円の市販の招待状は、種類も少ないし、なんか垢抜けないデザイン(無難なデザイン)だし、ちょっと残念な感じ。
もともと仕事でデザインDTP関係を扱っていたので、
「これなら100円で手作りした方がいいんじゃない?」と思ってしまった。

市販で売ってる高い招待状みたいなカッコイイものは作れないし、手作りだからって50円とかの破格で作れるわけではない。
でも、100円で不本意な招待状を使うくらいなら、同じくらいの値段でオリジナルのデザイン招待状を作りたい!

こうして珍しく燃えてしまい、私たちは手作り招待状という選択を選びました。

私たちらしい招待状



招待状

作った招待状はこんな感じ↑
本物載せたいんですけど、デザインの中に自分たちの本名が英字で書かれているのでイラストで^^;

私たちの結婚式のコンセプトは「うさぎ」なので、真ん中に白地のシルエットを載せてみました。
ちょうど両家でそれぞれ飼ってるうさぎがモチーフなので、ロップイヤーとドワーフのカップル。
こういう自分たちらしさが出せるのは、手作りのいいところですよね!

表紙だけじゃなくて中紙や返信はがきも作ったんですが、どれも共通したデザインで作れるのがよかったです。
(市販のだと、中紙や返信はがきはシンプルなものが多いので)
渡した友達も「かわいい!おしゃれ!」と褒めてくれました。

手作り招待状の表紙は印刷所に


デザインデータは、Adobe Illustratorで作成しました。
私は印刷物系はこのファイル一択ですが、普通の画像ソフトや、Office系のWordとかでも十分作れます!
中紙や返信はがきは家のプリンタでおうち印刷しましたが、表紙だけは印刷所へ発注。

印刷所だと、安っぽくならないし、ラミネート加工や部分艶出しなどもできて、自分で作ったと思えない仕上がりになるんです。
私たちも、表紙の加工に名前を英字でキラキラで入れました。
角度によって光るんです、ほのかなおしゃれで「手作り感」が一気になくなりました!
これのおかげで、友達には「光る名前入ってるし、もしかしてオーダー品?」と勘違いしてくれました。

印刷所にかけるときはAdobe Illustratorで作るAiファイルが一番スムーズですが、最近の印刷所はワードやパワーポイントでの入稿が多いので安心です!
もし初めて頼むなら、紙の種類が多種なのでサンプルを取り寄せた方がいいと思います!
表紙に使うならなるべく厚い(200g以上)のがいいと思います^^

細かい作業は旦那任せ


ノリノリでデザイン・発注作業をしましたが、それが終わると旦那のターン。
慣れない手つきで、夜な夜なリボンを結んだり金ひもを切って取り付けたり…

私が全然やらないからいろいろ私が嫌いなめんどくさい作業をやってくれました。
いやー、ありがたかった!

こんな感じで招待状作りは完成しました。
大変だったけど、こだわってよかったなぁと思います。
結局1部100円くらいで出来たので、最安値で納得できるものが出来てよかったです!

招待状って、ゲストにとっては貰ってから当日までずっと保管してもらう物だし、「集合時間何時だっけ?」とかで何度も目に触れる可能性のあるものです。
ある意味、これが安っぽいと全体の印象にも影響が出るかも;

ゲストに初めて送るものだから、自分達らしいものを送ることが出来てよかったなぁと思います。
こういう作業が好きな花嫁さんにぜひおすすめします!


関連記事

ブログランキングに参加しています。
面白いと思って下さったら、1日1クリックで応援してもらえると励みになります!
クリックして応援してください


▼いつもありがとうございます。 もし気に入っていただけたらソーシャルブックマークでシェアしていただけると大変励みになります。



コメント

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
QRコード
QR
ブログランキング
▼ スポンサード リンク


▼いつもありがとうございます。
もし気に入っていただけたらソーシャルブックマークでシェアしていただけると大変励みになります。