【結婚式】アルカンシエルで前撮り②【リュクスガーデン名古屋】

前撮り和装
次の日、筋肉痛でした

和装のヘアセットは日本髪っぽく


昨日の記事の続きで、今日は和装の前撮り撮影について書いていきます。
まずはドレスの時と同じでヘアセットからしていただきます。

最近は成人式でも結婚式でも和装に洋髪を合わせるのが流行りですが、私はあえて和髪でいこうと決めていました。
洋髪も素敵だと思うんですが、私たちの式はゲストに年配の方が多いので、着物を楽しみにしてくださってる方が多いんです。
その年齢層だと、今風の洋髪と着物に違和感を感じてしまうんだとか。。。

せっかくなので、親族のおじいちゃんおばあちゃん層に「きれいな花嫁さん」という印象をもっていただきたいため、和髪を選択しました。
それが母の望みでもあったので、親孝行の要素もあるかな?

さすがプロ!イメージ通りのヘアチェンジに


そんなイメージをもって前撮りに来たものの、具体的なイメージ(画像とか切り抜きとか)ないままだったので、髪をまとめていただきながら、母と論争。

私 「どんなのがいいの?」
母 「どんなのでもいいけど、うなじがきれいに出て…横に盛ってもらった方がいいわよ、あなた面長だから」
私 「カチーン!(私が面長馬顔なのを気にしてるの知っててそんな言い方する!)」

とか親子論争勃発でした。そんなの家でして来いって感じですよね。
結局あーだこーだ言ってる私たちにしびれを切らし「ちょっと任せてもらっていいですか?」とメイクさんがリード。

とりあえずこんな感じはどうですか?と作っていただいた髪型。
両横と上にスキ髪を使って盛って下さり、簡単な日本髪みたいな髪を作ってくれました。
丁度、サイドのおろし髪がないあんみつ姫みたいな髪かな?

これには私も母もうっとり。
さすがプロです。私たちのごちゃごちゃな意見をまとめてくださいました。

「これ!これでお願いします!!」
そういうとにっこりして、一度作った髪型をほどいて再度作り直してくださいました。
さっきのでも十分素敵だったのですが、きっちりきれいに作り直してくれて大変満足。

頭につける花は、造花ですけどつけ放題で3000円とのことだったのでそれをお願いしました。
当日は気に行ったものを持ってきてもいいとの事だったので、いくつかこちらでも用意してみようと思います。

まるで布団!色打掛の重圧


長くかかったヘアメイクも終わり、いよいよ着付けです。
着付けは専門の着付け師さんが来ていただき、手際よくどんどん着せていただきました。

普段は年に一回浴衣を着るくらいなので、ちゃんとした着付けを見るのはすごく新鮮です。
成人式の時の振袖もすごく重厚でしたが(あれは特に帯が複雑ですよね)、色打掛は下に着る白い着物も分厚い!
補正をきっちりしてくださっているのでキツクないのは助かりました。

最後に色打掛を着るのですが、これが布団みたいに重い!
ずっしり重みがのしかかり、顔が引きつってしまいました。

やっぱり花嫁さんは和髪がいい


すべて着つけてもらって鏡を見ると、THE花嫁さんな自分が。
やっぱり日本髪風にしてもらってよかったなと思いました。

私は成人式の時も日本髪をしてもらっているんですが、その時は「みんなかわいい洋髪だから、古臭くないかな?老けて見えないかな?ダサいとか言われそう」と、少し思っていました。
でも予想に反してウケがよく、普段めったに褒めてくれなかった小学校時代の友達も「スウちゃん美人になったね」と言ってもらえました。(しかし着物マジックなので、その夜の同窓会では真逆の事言われましたが。笑)
同級生より、同席していたママ世代にいっぱい褒めてもらいました。
これ何度もこのブログで言ってるけど、これしか言うことないんです、すいません。うれしかったんですw

22歳の時の卒業式の袴では、成人式の時にできなかった「洋髪」に挑戦。
でもなんだかありきたりというか…全然似合ってなかったんです。
個人としてみれば別にどっちも変わらないのかもしれませんが、みんな洋髪にしちゃうこんな時代だからこそ、和髪をお勧めします^^

旦那のお祖母ちゃんも、「洋髪だと花嫁さんって感じはしないわねぇ」と言っていたので、ゲストに年配の方が多い時は喜ばれると思います!

和装の撮影は体力いります!


そんなこんなで着替えが終わって、旦那とご対面。
すでに待ちくたびれて眠たそうですが、最後のラストスパートです!

ちなみに旦那は黒い着物にストライプの袴にし、かなり格式高い袴スタイルです。
プラスオプションで、旦那の家の家紋を付けていただきました。これもおじいちゃんたちが喜んでくれそう。

ドレスではチャペル・チャペル階段で撮影したので、今度は披露宴会場へ。
そこでまずフォーマルフォトから撮影してきます。

ただこのフォーマルフォト。
めちゃポージングがきついんです!!

ただでさえ着物が重いのに、無理があるポーズを強要されますw
腕の角度から、手の位置、指先の位置まで・・・
さらに着物の見せ方もかかわってくるので、見えない位置でクリップで止められ固定されます。
すごい!一歩も動けない!!

そんな状態で何枚も撮影されます。
旦那はそこまで指定ないので、横で楽そうにしてました。
本当に限界のところで撮影が終わり、やっと解放。

その後、座ってフォーマルフォトっぽい物も。
やっぱり座ってのポーズは楽です~
和装


その後はラフな撮影になるのですが、それでも着物はポーズ固定が多い!
まさかこんなに大変だとは思わなかったので、撮影が終わったときは安心しました。

前撮りのデータは3日後に届く


これで前撮りの全行程レポは終わりです。
昨日から引き続き見ていただいた方は長々読んでいただきありがとうございました。

この写真は当日の写真と合わせてアルバムにしていただくのですが、印刷物にデータを使いたいので私たちはデータもお願いしました。
データの受け取りについては、お急ぎでないのなら次回来た時にもらえるみたいですが、急ぎの場合は郵送で送っていただけるとの事だったのでお願いしました。

せっかくきれいに撮ってもらったので、印刷物やペーパーアイテムなどに活用できればと思ってます^^


関連記事

ブログランキングに参加しています。
面白いと思って下さったら、1日1クリックで応援してもらえると励みになります!
クリックして応援してください


▼いつもありがとうございます。 もし気に入っていただけたらソーシャルブックマークでシェアしていただけると大変励みになります。



コメント

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
QRコード
QR
ブログランキング
▼ スポンサード リンク


▼いつもありがとうございます。
もし気に入っていただけたらソーシャルブックマークでシェアしていただけると大変励みになります。