【不妊検査】ブライダルチェックに行こう!④フーナーテスト編

フーナーテスト
つい「はじめまして」と言いそうになりました

フーナーテストとは


フーナーテストとは、ヒューナーテストとか性交後試験とかいいまして、その名の通りおおよその排卵日付近にタイミング後受ける検査です。

タイミング後12時間以内に病院に行き、子宮頸管の粘液(下り物)を採取して顕微鏡で見ていただきます。
通常であれば粘液の中に精子がいるはずですが、その精子の運動率や数を確認して検査します。

粘液中に精子が確認できないと無精子症や抗精子抗体、子宮頚管炎などが疑われとの事で、ある意味旦那さんの精子検査の意味合いも少し伴っている検査と言えます。

不妊治療で話題になったダイヤモンドゆかいさんとかが無精子症と発表した記憶が新しいですが、早い時期に検査でわかれば手術で治療することも可能らしいですし、ダイアモンドゆかいさんも3人の赤ちゃんに恵まれていらっしゃいますよね。

病院による排卵日の確定


当日病院に行くと、まず尿検査の為トイレで採取。
これをフーナーテストに使うわけじゃなく、尿はLHサージを測るためです。
(排卵日付近になると大量に分泌されるため、排卵日確定の目安に使用します)

名前を呼ばれ、内診で卵胞チェックをしてもらいます。
卵胞が20㎜以上になると、やがて卵胞が破れて卵子が飛び出ます。(これが排卵)
内診でわかる卵胞の大きさと先ほどの尿検査のLHの値で、排卵日を確定してもらいます。

病院で見てもらうと、安心しますし正確な排卵日が確認できてよかったです。
私は生理周期がほとんど28日一定なので、今まで排卵日は14日目だと思っていました。
でも病院で見ていただくと、その月だけかもしれませんが12日目に来ていました。

基礎体温はもちろん図っていますが、基礎体温だけではズレがあり確定は困難だそうです。
2日違うと結構支障ありますよね・・・
排卵日にこだわりがちだったので、目から鱗が落ちました。

フーナーテストの結果は、モニターで確認できる


卵胞チェックのタイミングで下り物を採取してもらい、着替えてから診察室でフーナーテストの結果を診断していただきます。

膀胱炎とかで泌尿器科にかかった事がある方は経験あると思いますが、診察室には顕微鏡に接続されたモニターがあり、そこで実際にリアルタイムに目で見ながら確認することが出来ます。
膀胱炎だと尿沈渣の画面見ながら「ほら、今回は黄色ブドウ球菌が原因だね~ウヨウヨしてる」と屈辱的?に診断されたりしますが、まさにあんな感じです。

結果は運動している元気な精子を数えるのですが、以下の基準で優・良・可・不可を判定してもらいます。

優 15個以上
良 10~14個
可 5~9個
不良 4個以下

どうしよう、もし2.3個しかなかったら…
と思い、モニターを確認。

すると、思わず「ゲッ」と言ってしまいそうなくらい(グロいくらいw)映し出された旦那の精子。
は、はじめまして。。。笑

先生 「おおよそ200はいるんじゃない?合格!」

・・・うん、そうですね。わかります。
わかりすぎて逆に恥ずかしい。
「若いね」と言った先生の言葉を私は聞き逃さなかったYO

ブライダルチェック終了



とはいえ、なんか予想以上に確認できてホッとしました。
その動画を帰り道旦那にメール送信しておきましたw

これで検査は一通り終わりました。
不妊検査とかこの手の話題が苦手な方、4日も連続で失礼いたしました;

検査をいろいろしてもらって、自分にぱっとわかるような不妊の原因は今のところないことが分かりました。
と言っても、ホルモン値が逆転しているのは結構マイナスですし、今後排卵障害を起こしてもおかしくない値なので注意は必要ですが…

原因不明の不妊が多いことは知っています。
でも、何か決定的な悪条件が見つからずホッとしているのは確かです。

今までずっと、生理が来るたび「私に何か原因があるんじゃないのか」と思ってきましたが、今はそんな心配せずに毎日を楽しもうと思えるようになりました。
母や旦那には「まだ若いし、受ける必要なんかない」って言われて反対気味でしたが、わたしは受けてよかったと思っています。
このまま赤ちゃんを待っていたら、いつかは来てくれると信じて、夫婦仲良く待とうと思いました^^

うにもね!


関連記事

ブログランキングに参加しています。
面白いと思って下さったら、1日1クリックで応援してもらえると励みになります!
クリックして応援してください


▼いつもありがとうございます。 もし気に入っていただけたらソーシャルブックマークでシェアしていただけると大変励みになります。



コメント

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
QRコード
QR
ブログランキング
▼ スポンサード リンク


▼いつもありがとうございます。
もし気に入っていただけたらソーシャルブックマークでシェアしていただけると大変励みになります。