【不妊検査】ブライダルチェックにいこう②ホルモン検査編

ホルモン検査
乙女心は傷つきやすい

ブライダルチェックを今する理由


正直、入籍前に簡単なブライダルチェックは婦人科で見ていただいたことがあります。
その時は簡単な内診と、各感染症の検査くらいでしたが。
クラミジアとかは無自覚で進行し、卵管癒着などの原因になり不妊症の一つになるとか…
幸い、受けた感染症は全て陰性(HIV・クラミジア・梅毒 等)で、内診も特に問題ないと言われて一安心していました。

でもちゃんと隅々まで調べてもらいたくて、結婚して半年たった今、「不妊専門クリニック」のドアをたたきました。
やるなら徹底的に。それが私の気持ちでした。
もちろんまだ赤ちゃん待ちトライしてから半年しかたっていませんし、20代ということもあり、もしこの検査で何か異常が発覚しても自然妊娠が望めるのなら、薬や注射を伴う不妊治療はまだ始めるつもりはありませんでした。

でももし重大な異常が見つかり自然妊娠が望めないとわかったら…
考えたくないことですが、それでも早い段階からそれを知って損はありません。不妊と年齢は深く関係しているので、治療するにしても少しでも若い時にスタートした方が良いとも思いました。

初めての不妊クリニック


婦人科は何度か行ったことがありましたが、不妊専門クリニックは初めてでした。
近辺で通える場所にあるクリニックは3つありましたが、HPを見る限りかなりクリニックごとに特色がありました。

①予約はいらず、薬等も最低限しか使わないクリニック
②完全予約で、初診の前に合同説明会に参加しなければならないクリニック
③夫婦二人そろってではないと検査できないクリニック

こんなにも特色があるのかとびっくりしました。
私はあまり大事にしたくないと思っていたし、旦那に「一緒に行ってほしい」とはなんだか言えなかったし…
私が選んだのは①の、一番アットホームなクリニックでした。

不妊検査は1回では終わらない


不妊検査をしようとHP等で勉強してから初めて知ったんですが、一日で検査は終わるわけではないようです。
女性の体は1か月の間にエストロゲンとプロゲステロンという二つのホルモンが上下し変化します。
だから生理前は肌が荒れたり、生理後は痩せたりするんですね。

そんな変動的なホルモンなので、受けられる検査も時期をみて変化します。
以下は私が通ったクリニックのやり方なので他のクリニックとは若干誤差はありますが、参考にしてください。

①初回は生理開始2~5日に来ることが義務付けられていますが、その際ホルモン検査としてFSH(卵胞刺激ホルモン) LH(黄体化ホルモン) エストラジオール(卵胞ホルモン)を検査します。(普通の血液検査と同じ、採血です)
②その次の週は「通水検査」を行いました。(これは明日のブログで書きます~)
③排卵予定日、フーナー試験を行い、ついでに卵胞チェックも。
④最終週は排卵の確認と、残るホルモン検査。(プロゲステロンとプロラクチン)

こんな感じで1か月かけて数回通いながら検査をしていきました。
長いですよねーー、働きながらでは大変です。
1か月目は検査のみで、なにか異常が見つかったとしても次周期から治療をするという説明を受けました。
これから回ごとにブログでレポ紹介しますので興味ある方は見てください^^
興味のない方や不快に感じる方は何日か分飛ばしていただけると幸いです。
では遅くなりましたが初回検査についてレポします!

初回は血液検査だけ


不妊クリニックに行くと問診票を記入。
他の病院と同じような問診票ですが、不妊期間や生理周期、基礎体温の提出等がありました。

待合室には、産婦人科とは違い不妊治療の本や雑誌が多く並んでいて、読み物が充実していました。
キッズルームもあり、子連れの方はそこで遊びながら待っていました。
ずいぶん待たされ1時間半ほどかかり、やっと名前を呼ばれました。

中に入るとまず採血。
普通の血液検査と同じで、測る項目がいつもと違うだけです。
採血が終わると、処置室の横がすぐ診察室になっているので直行して先生の診断。
基礎体温表を見ていただき、「ちゃんと2層にわかれてるねー問題ない」と褒めてもらい、質問に2・3つ答えてもらいその日は終了。
(ホルモン検査の結果は外注機関に委託しているので、次回で説明してもらいました)

後日の結果診断では、私は「エストロゲンが低く、プロゲステロンが多い」とのことでした。
本来FSHのほうが多いはずなのにLHのほうが高いのは異常なんだとか。
聞いてみるとエストロゲンって、女性らしさを保つ大事なホルモンらしく、プロゲステロンが多い人は声が低かったりひげが濃かったりするらしい。。。
え、そんな傾向ないんだけど・・・!なにこの女子失格みたいな言われ方!汗

この二つのホルモンが逆転してる方やLHが7以上ある方(私は8ありました)は多嚢胞性卵巣(PCO)の疑いがあるらしく、排卵していない可能性があるとのこと。
しかしこの後内診してもらい実際に卵胞チェックしてもらいましたが、ちゃんと育っておりおそらく排卵は問題ないだろうと診断されました。

問題ないとは言われても、乙女心は傷つきましたけどね!笑
とはいえ、異常がありましたが問題ないならまぁいいかという気持ちで、前向きに初回健診を終えました。

次回は激痛と噂のある「通水検査」についてレポします!


関連記事

ブログランキングに参加しています。
面白いと思って下さったら、1日1クリックで応援してもらえると励みになります!
クリックして応援してください


▼いつもありがとうございます。 もし気に入っていただけたらソーシャルブックマークでシェアしていただけると大変励みになります。



コメント

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
QRコード
QR
ブログランキング
▼ スポンサード リンク


▼いつもありがとうございます。
もし気に入っていただけたらソーシャルブックマークでシェアしていただけると大変励みになります。