結婚後の親戚付き合い

高額な結婚祝い
その後手紙と電話しました。

勉強より仕事より難しい、親戚付き合い


学生時代や社会でも、それなりの人付き合いをやってきましたし、それなりにうまくやっていける方だと思っています。
でも結婚すると、独身時代や学生時代とは別の形の人付き合いがスタートするので、あたふたすることも多いです。
学生時代はそれこそ好きな友達とだけいればよかったし、苦手な子でも「卒業するまで」我慢すればよかったし。
社会人になると好き嫌いで人を選ぶことはできなくなってつらい時もあったけど、それこそ「あくまで会社の付き合い」。

でも、結婚は違いますね。

一度結婚したら、死ぬまで(いや、死んでからも)続く人間関係です。
下手な事して嫌われてしまったら、私だけではなく旦那や旦那家族の評判も落としかねません。
そう思うと恐ろしい…!
旦那の親戚は皆やさしい方々なのでもちろん今までトラブルはありませんが、長男の嫁として細心の注意を図っています。(穴だらけだけどw)

イレギュラーなお祝い


結婚式はまだだけど、入籍したという事で旦那の父方のお祖母ちゃんに挨拶に行きました。(旦那のお父さんは婿養子さんなので苗字は違います)
挨拶に来てくれたお祝いという事で、お祝い金をいただきました。
お祖母ちゃんは結婚式にも来ていただく事になっていたので、その時でいいのに…と申し訳ない気持ちでいただきました。
挨拶が終わって家に帰るとき、義母さんに「これ、結婚式のご祝儀としてお義母さん持っててください。」とお義母さんに渡しました。(式の予算は各家の人数分で費用も祝儀も分けて計算する予定だったため。)
でも、「あんた達の貯金にしときなさい」と受け取らず私たちに渡してくれたお義母さん。
お義母さん、ありがとうございます。でもこののし袋、けっこう重量あるんですが・・・

開けてびっくり


家に着いて一息し、いただいたのし袋を開けてみる。
「結構重いから、いっぱい入れてくれたんじゃないかなー^^」
と、いやらしい気持ちで開けてみると…

想像以上に入れてくれてたーー!!

重さからして10万くらい包んでくれてると思っていたのですが、なんと50万円も包んでくれていました。
普段まとまったお金を触る機会なんてないので、完全に見間違っていました。
あああ。ありがたいです。でもそれより先に「どうしよう、どうすりゃいいんだ」という気持ちでいっぱいでした。

とりあえずその脚(手?)で、お義母さんに電話。
お祖母ちゃんはお義母さんにとっての姑さんだからね!報告しなきゃ!
きっとお義母さんも慌てふためくはず!!

私 「おおおおお義母さん、お祖母ちゃんに50万円もいただいてました!!!どうすればいいでしょうかあああ!汗汗」
ホントにこんなテンションだったと思います。私。

義母 「あら、そう。お祖母ちゃんはお金持ちだからね~」

こんな反応。
あれ、なんか反応薄くない?

どうやらお祖母ちゃんはすごくお金持ちみたいで(アパートとかいろいろ持ってるみたい)、昔からお祝いごとには多めにお祝いを包んでくれてるみたいです。
とはいえ、お義母さんに電話番号と住所を聞いて、電話とお手紙を書きました。
やりすぎかな・・・でも「やらずに文句言われるより、やりすぎて文句言われた方がましだ!」と言い聞かせて頑張っております。

親族全員の人となりがわかるまではホントこういうのが続くと思いますが、頑張って乗り越えたいと思います!


関連記事

ブログランキングに参加しています。
面白いと思って下さったら、1日1クリックで応援してもらえると励みになります!
クリックして応援してください


▼いつもありがとうございます。 もし気に入っていただけたらソーシャルブックマークでシェアしていただけると大変励みになります。



コメント

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
QRコード
QR
ブログランキング
▼ スポンサード リンク


▼いつもありがとうございます。
もし気に入っていただけたらソーシャルブックマークでシェアしていただけると大変励みになります。