引っ越し作業も油断せぬように。

引っ越し作業
義父さん。。。

引っ越し作業は大忙し


引っ越しは引っ越し業者の契約通り、彼の家と私の家を同じ日に一気に行いました。
午前中に私の家の荷物をトラックに積み込み、彼の家で荷物を積み込み、午後くらいに新居で積み下ろしをする一日でした。
入籍してから半月、私はほぼ彼の一人暮らしに住んでいました。
自分の家に帰る回数が少なかったので、私の家の荷物のほうが大変だ・・・と思っていました。
でも、私の家はそんな大物がなくて、ベッドもないし荷物も少ないし、結構平和に終わりました。
唯一、庭にあったプランターやレンガなんかが処分に困りましたが、実家の両親が後日何とかしてくれるという事なので、そこは甘えてみたら驚くほど簡単に終わりました。1階だったしね。

意外にも彼の家の方が大変でした。
一緒に暮らしながら、毎日少しずつ掃除&荷物詰めしていたので安泰だと思ったんですが、当日やらなくてはいけないこと(ベッドの解体とか)が結構合って、ばたばたで作業しました。
通常力仕事は全部してくれる旦那ですが、何しろエレベータがない3階だったので、荷物の運びだしに専念してもらい、私が解体作業をしていました。

ジャージメガネ


いつもは(楽だから)ワンピースなどを着て、なんちゃって女の子な格好をしている私ですが、引っ越しの日はジャージ+誇り防止の黒縁メガネ。
ごくせん先生もびっくりの、やぼったい姿で作業をしていました。
一番困ったのはベッドの解体。
ねじタイプじゃなく接着剤で組み立てるタイプだったため、解体はもう力づく。
「ふぬぬぬ・・・」「ふんっ!!」
夢中で解体していたら、ドアがガチャ。
旦那だと思ってパっとみたら。。。

義父さん!!

なんでいるの?
あ、来てくれるって言ってたな。
やばい、この格好すごい変だわ。
義父にとって、いつもワンピ―スとかきてニコニコしてる印象しかまだないであろう私。
ジャージ眼鏡に、ふぬふぬ言いながらベッド折ってる私。
むしろ別人、そう思ってほしい

そんなことを考えながら何も言わずに時が流れ、そのまま何も言わず扉を閉めました。
義父さん、家間違えてないですよ。
私です、スウです。

ブログランキングに参加しています。
面白いと思って下さったら、1日1クリックで応援してもらえると励みになります!
クリックして応援してください
関連記事

ブログランキングに参加しています。
面白いと思って下さったら、1日1クリックで応援してもらえると励みになります!
クリックして応援してください


▼いつもありがとうございます。 もし気に入っていただけたらソーシャルブックマークでシェアしていただけると大変励みになります。



コメント

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
QRコード
QR
ブログランキング
▼ スポンサード リンク


▼いつもありがとうございます。
もし気に入っていただけたらソーシャルブックマークでシェアしていただけると大変励みになります。