【20万値引き成功】ヤマダ電機で家電値下げ交渉してみた。

家電値引き交渉
義母さんに恥ずかしい思いをさせてしまった…

家電をまとめて買いに行く


引っ越しの家も日取りも決まったので、中に入れるものを買いに行こう!ということで、この日は義母さんにわざわざ出てきていただいて一緒に買い物。
同居ではなく二人暮らしの新居なのですが、結婚時にこちらから結納をお断りしたので「せめて結納金代わりに…」という事で、新居の家具家電をそろえていただく事になりました。
本当にありがたいです、ありがとうございました。ペコリ

つまり、(やらしい話ですが)今日のお会計は旦那実家が持ってくれるので、私が値引き交渉する必要はありませんでした。
しかも義母さんの手前だし、そんなゲスいところ見せられない!!

・・・そう思っていました。

家電はまとめて買った方が絶対お得(値引いてくれる)なので、大型家電スーパーでまとめて買うことは必須でした。
とりあえずヤマダ電機さんに行って見積もってもらいました。
しかし家電って高いですね!!
新居のモノいろいろ揃えたら、見積もりで50万でした。高い!
何も考えてなかった私たちは「家具家電合わせて50万くらいだと思う」と義母さんに伝えていたため、びっくり!!
まさか家電だけで超えるなんて…
義母さんは「それくらいかかるよ、当り前よ。大丈夫、気にしなくていいからね」(←義母さんは普段から値下げとか考えない常識人タイプです)と言ってくれてます。
しかし、ちょっとこれは・・・と思い、控えめに控えめに・・・

「これじゃ話にならないから、もっと偉い人だして」

と言ってみる。
あかん、義母さんすでにドン引き。笑
売り場の責任者の方が出てきてくださったので控えめに値段交渉スタート。

ヤマダ電機で値下げ交渉開始


「この価格では買えません。でも品数は減らしたくないし、クオリティもそんなに下げたくない」
「冷蔵庫とか洗濯機とか、機種やメーカー違っていいので同じような奴でもっと値下げできるものないですか?」
「いろいろ大変なので、どこかまとめて一つの店で買うって決めてるんです」
「とりあえず見積もり書持って他の家電量販店回るんで、限界まで最安値にした見積もり書ください。」
「それより1円でも安く他が見積ったらもうここへは戻ってこないので、限界まで安く作ってください」

みたいな内容をお願いしたら、するすると値段が落ち、結局最終見積もりはさっきと同じクオリティ(機種とかは変わったのもあるけど)で、計30万円にしていただきました。
おお。20万も下げてくれた!
そしてここでサインはしません。言った通り、他の店も見てきました。

その前に一応私なりにさっきの発言を説明させてください。
なんせこのサイト、「結婚式 値下げ交渉」で検索して来てる人が後を絶たないんです。笑
そんなサイトに作った覚えはないんですが、もうこうなったら見てくださる人の為に語らせてください。

まとめ買いの時に使える魔法の言葉


ひどい値下げをしたように聞こえますが、私はそんなに言葉数多く値下げはしません。
おしゃべりや要求が多いとウザがられます。
値下げ交渉はコミュニケーションの一つなので、ウザがられては元も子もないと思っているので、必要な言葉いくつかだけでお願いしてみます。
ただし、メーカーや機種にこだわりがある方には使えません。
あくまでも出した条件の中でベストなものを店側にチョイスしてもらおう、くらいの気持ちの方にしか頼めませんが、きっと役に立つ言葉なのでメモしときます。
今回私がお願いしたのは、さっきあげた4つ。

①「この価格では買えません。でも品数は減らしたくないし、クオリティもそんなに下げたくない」


これはまとめ買いの時にしか言えないけど、言っておくべき主張です。
ただ安くするなら、人気が一番なくて売れ残りのものを回されてしまいます。
買ってみてから「二人でぎりぎり使えるサイズだから子供出来たらもう使えない!」とかでは困ります。
初めに私たちにあった物を提案していただいているので、それに沿ったものがいい。
でも値段は下げたい!こんなんじゃ買えんよ
そんな思いを伝えられる魔法の言葉です。笑

②「冷蔵庫とか洗濯機とか、機種やメーカー違っていいので同じような物でもっと値下げできるものないですか?」


これは意外に効きます。
店側が初めに出してくれる見積もりの商品チョイスは、あくまで「お客様に合う商品」の中で一番「最新商品」で、その中でも「店側に一番利益が高い商品」です。
さっきの言葉通り「お客様(私たち)に合う商品」であることは大変ありがたく、重要な事です。
でも「最新商品」であることは別に重要じゃない。
ましてや「店側に一番利益が高い商品」なんて、とんでもない!

最新じゃなくて型落ちした一つ前の型でも十分最新のようなものです。
家電は季節の節目ごとに(種類によるみたいですが)新しい商品をだしますので、型落ちといっても消して古いものではありません。
半年早く引っ越したと思えば苦はないと思います。

あと騙されがちなのは、表示価格。
たとえば15万円と17万円の洗濯機があったら、15万円の洗濯機に絞って値下げ交渉したほうがいいとおもいませんか?
でも実際はそうでないことも多いです。
15万円の洗濯機は限界まで下げても14万円だけど、17万円の方は13万5000円まで値下げられる…そんなこともあります。
これは社内規定だったり、メーカーとの契約などもあると思うので私は詳しいことはわかりませんが、店側には表示価格とは関係なく「値下げしやすい商品」というものが必ずあります。
なので、この魔法の言葉のように「値下げできるものないですか?」という聞き方がベストだと思います。

③「いろいろ大変なので、どこかまとめて一つの店で買うって決めてるんです」


これはある意味、まとめ買いの時にしか使えない究極の脅しです。
言い換えれば「100 or 0」という事です。
「冷蔵庫はここが安いから買うけど、エアコンは高いから隣の店で買います!」っていう買い方ではそこまで安くしてくれません。
なぜなら「冷蔵庫買ってくれるんだから、エアコンは無理して下げなくても他当たってくれればいいわ」と思われてしまうからです。
賢い買い方をしているようで、足元見られてしまいます。
せっかくまとめ買いなら、この魔法の言葉で脅してください。笑
契約が決まれば一気にまとまったお金(ウン十万)が売り上げになるけど、油断するとゼロになってしまう。
そんなリスキーな状況な方が、限界まで下げてくれます。

④「とりあえず見積もり書持って他の家電量販店回るんで、限界まで最安値にした見積もり書ください。
その見積もりより1円でも安く他が見積ったらもうここへは戻ってこないので、限界まで安く作ってください」


これも脅しです。笑
最終見積もり出す手前でこれをお願いしてください。
本来、めんどくさくても何店舗か量販店は回るべきです。
他店の見積もり書を持ってこれば、それより安くしてくれるように努力してくれます。
なので1店舗目から「限界値」を出してもらい、それを印籠のようにして他店をまわってください。
めんどくさいけど、値下げするにはとっても重要な作業だと思います。

結局ヤマダ電機。だけどもうひと押し


話はさっきの時間軸に戻りますが、他にも何店舗か違う店に行き、ヤマダ電機の見積もり書をみせて「これより安くできませんか?」と交渉。
でも、どこも「これ以上はできません。うちの店では対応できません」というお言葉。
それほど限界値まで下げてくださってたんですね、ヤマダ電機さんに改めて感謝。

そして再び来店し、担当者にお礼。
「こんなに下げてくれるのはここしかないって、他の店行って気づきました。ありがとうございます。」
そう伝えると担当者さんも満足げ。
「で、さっきの見積もりのままで結構なので、
この値段のまま32型TVつけてください。そしたら買います。
といったら度肝抜かれたような顔をされていました。
たしか総額33万円だったのでキリよく30万円にならないかってお願いしたら断られて、それで「じゃあ33万円でいいから、この3万円の32型TVつけて」って言いました。
するとすごーーーく悩んでましたが、もう吹っ切れた感じで
「わかりました、つけましょう!」
と言って下さりました!!
ありがとうございます、ヤマダ電機さん!
もう値下げ交渉されたくないのか、すぐさまレジに回されましたw
本当に感謝してます。


ここまでやって思い出したけど、これ私のお金じゃないからここまで値切る必要なかったんでしたわ。
値切って喜んでる私の後ろで「本当にすいません、ホントすいません」といっていた義母さんをみて少し胸が痛くなる。

店から出て「今度から何か買うときはスウちゃんにお願いしなきゃね」って言ってくれたんですが、
あれから半年たちましたが呼ばれることはありません。笑

関連記事

ブログランキングに参加しています。
面白いと思って下さったら、1日1クリックで応援してもらえると励みになります!
クリックして応援してください


▼いつもありがとうございます。 もし気に入っていただけたらソーシャルブックマークでシェアしていただけると大変励みになります。



コメント

家電品まとめ買い。おおいに参考にさせてもらいます。ありがとうございます。
始めから「これ幾らになるの?」って当たり前のように儲けが無いくらい値切る人いるけど、店としての利益わかってるんだろうか…

恥ずかしいから出来ません





本音→http://jin115.com/archives/52139335.html

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
QRコード
QR
ブログランキング
▼ スポンサード リンク


▼いつもありがとうございます。
もし気に入っていただけたらソーシャルブックマークでシェアしていただけると大変励みになります。