婚姻届を書こう!

婚姻届を書こう
お蔵入りです。

ピンクの婚姻届



顔合わせも終わったことですし、とうとう婚姻届なるものを書くことになった私たち。
人生一度きりになる(であろう)婚姻届。
入籍日を8月10日にしようと決めていたので、顔合わせの時までに用意しました。

普通は市役所とかで用紙をもらったりダウンロードするみたいですけど、私たちはゼクシィについていた「ピンク色の婚姻届」なるもので作成しました。

ピンクの婚姻届

↑こんなやつ。
定期的にゼクシィに付録としてついてるみたいです。
普段はこんなお花畑な類は「なんでもピンクにしたら売れるんだからチョロいもんだよね!」なんて斜め上の角度から見ている私ですが、「これこれ!これに書くから書き損じしちゃだめだよ!」と言っていました。
さすがブライダルグッズ。己の心も花畑にするとは…恐ろしい。

とはいえこういうのは楽しんだもの勝ちだと思います。
最近はご当地の婚姻届だったりと、なかなかユニークな婚姻届が出回っているようなので、お祭り気分で気に入るものをチョイスしてみるのもいいかもしれません。

婚姻届って何書くの・何がいるの



私も彼も初婚の為、婚姻届ビギナーです。
正直何を書けばよいのか・何が必要なのかも全くわからなかったため、ゼクシィ先生に1から教えてもらいました。

まず、前提として未成年の場合は親の同意書が必要らしいです。
残念ながら私たちは未成年ではないため(アラサー)、同意書は全くいらないみたいです。失礼しちゃうわ

とはいえ、婚姻届には証人欄があるので そこに親の証明を使う方が多いみたいです。
芸能人でいうと、松浦亜弥ちゃんの証明人はミキティーらしいですね!(逆かも)
基本的には誰でもいいので2人立てるのが義務付けられいるみたいです。
どうしてもいない場合、役所の方が書いて下さる事もあるらしいです^^;
私たちはそれぞれの父親に顔合わせの時にお願いしました。

必要なものとしては、ペンと印鑑くらいかな?
提出する際に、もし提出先の市役所等が本籍地でなければ、戸籍謄本がいりました。
私たちは二人とも届先市役所と本籍地が違ったため、二人とも用意しました。
現住所ではなく、本籍地ですのでお間違いなく★
遠方の場合は、もらいに行くか取り寄せする必要があるので、いずれにしても早めに準備しておいた方がいいと思います。

いざ!婚姻届を書きます



ささ!書き始めます。
普段おおざっぱandおおざっぱな私ですが、ちゃんと鉛筆で下書きして書きました。
震える手でペンなぞりをし、私の部分は署名部分を残して完了!
「残りはノンちゃんの分。書いといてね!」
と言ったら
「俺の分も書いといて」
などと供述するので、そのまま放置したらしぶしぶ書いてくれました。

調子に乗ってビデオ撮影しちゃう



あと署名だけってところでテンション上がってきちゃってビデオ撮影を始めた私たち。
ほんと、変なテンションになります。魔物が潜んでいます。
散々きゃぴきゃぴして撮影していましたが、数週間後に引っ越しを控えていたため部屋は荷物だらけ。
荷物をどけながらどけながらも撮影し、無事婚姻届の記入完了。

後から再生してみたら、段ボールと山積みにされた本の前でにやにやしながら署名しあい、「幸せになります★」と言い合う二人・・・

このビデオはなかったことになりました。笑


次はいよいよ提出していきます!

関連記事

ブログランキングに参加しています。
面白いと思って下さったら、1日1クリックで応援してもらえると励みになります!
クリックして応援してください


▼いつもありがとうございます。 もし気に入っていただけたらソーシャルブックマークでシェアしていただけると大変励みになります。



コメント

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
QRコード
QR
ブログランキング
▼ スポンサード リンク


▼いつもありがとうございます。
もし気に入っていただけたらソーシャルブックマークでシェアしていただけると大変励みになります。