両家顔合わせ食事会をしました①

4コマ漫画
誰が仕切るの

顔合わせ食事会



彼が私の両親に結婚の挨拶をしてくれてから2週間後に、私の実家の近くで顔合わせ食事会を行いました。
かなりスケジュールが詰まっていたので「こんなトントン拍子で進めていいのかな?」と少し悩みましたが、彼のおじいちゃんの体調だったり日柄だったりスケジュールだったりがうまく調整できず、この日にちを選びました。
出席は本人たちと両家の両親で、計6人でした。
実家同士が少し遠い為、中間地点の名古屋で行うつもりでしたが、「なかなか来られないのでぜひスウちゃんの実家に挨拶に伺いたいわ」と言っていただいたので、わざわざ遠方から私の実家まで来ていただきました。

家族同士のあいさつ、誰が仕切るの



まずお店に行く前に実家に挨拶に来てくださった旦那一家。
今回の顔合わせ会での私たちの反省点は「誰が仕切るのか」をはっきりしなかった事でしょうか・・・
普通だと「男親の父親」が仕切るらしいんですが、彼のお父さんは無口なタイプ。
しかも今回は私の実家に来ている状態なので、マニュアル通りに「男親の父親が仕切る」というパターンともとれず…。
私の父はおしゃべり大好きなんですが、「女方の親」なので仕切る事は自重。
彼本人は緊張の為と私の実家である事から、何も話さず。
私は自分の「かわいい嫁ちゃん」イメージ(必死だからね!)を壊さないように何も話さず。
…沈黙がつづく客間。大丈夫なんでしょうか。

はじめに空気を変えたのはまさかのお祖母ちゃん



あまりにも沈黙が続いた顔合わせの冒頭でしたが、痺れを切らした父が本人たちに家族紹介をするように指示。
しかし緊張のあまり「父と、母です」という短い紹介。
仕方がないので私の方も簡単に紹介しようとしたその時。

祖母「祖母のサエ子です。サエ子って漢字はね、いつも間違えられるんだけど…(続く)…ベラベラ…(中略)ベラベラ…」

まさかのおばあちゃん節。
え?お祖母ちゃんこんなにしゃべるキャラだっけ?!
しかもしゃべるだけしゃべって、返事は聞こえないから答えない。(耳が超遠い)
なんて自由!
でもそんな自由発言に、みんなやっと和みました。
ありがとうおばあちゃん。
実家でのあいさつは簡単に済まし、会場を食事どころに移動しました。
明日に続く。

関連記事

ブログランキングに参加しています。
面白いと思って下さったら、1日1クリックで応援してもらえると励みになります!
クリックして応援してください


▼いつもありがとうございます。 もし気に入っていただけたらソーシャルブックマークでシェアしていただけると大変励みになります。



コメント

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
QRコード
QR
ブログランキング
▼ スポンサード リンク


▼いつもありがとうございます。
もし気に入っていただけたらソーシャルブックマークでシェアしていただけると大変励みになります。