【彼の地元のお祭り参加】彼のお母さんと仲良くなれるように!

前回彼の地元のお祭りに行くと決めた私がとうとう祭り当日。

4コマ漫画

彼 「いってなかったけ?」

絶対隠してただろっっ!!



お祭り当日はお義母さんとのドライブから



お祭り当日、私は彼の地元の駅までやってきました。

そこから車で40分かかる彼の家まで行くため、その日はわざわざ彼のお母さんが車で迎えに来てくれました。

始めからハードル高すぎるわ。

40分間、狭い車内の中でお義母さんと二人きり・・・

何を話そう・・・

変なところで気を使ってしまう性格なので、このシチュエーションは死のにおいがしました。笑

しかし、お義母さんはすごくいい人なんです。

なんというかナチュラルにやさしい人で、「田舎のおばちゃん」て感じじゃなくてすごく話しやすいんです。

それまであまり1対1で話したことなかったので、この日ゆっくり話せたのはすごく良かったです。

私の実家の母は典型的「大阪のおばちゃん」なので、ジェネレーションギャップ?を感じながら。

基本、彼の実家待機



お祭りは2日間だったんですが、彼は役が当たっていたためずっと出っぱなし。

その間私は彼の実家に放置プレイ。

その間、おじいちゃんおばあちゃんから質問の嵐。

「兄弟はいくつおるんや」

わ、私入れて3人兄弟です。。。

「実家はどこやった?」

(前も言ったけど)岐阜です。。。

「年はいくつやったかな?」

27です。。。(それも前言ったけど)

そんな感じで終始負けっぱなしの私。

時々彼が帰ってきても、助けてはくれない。

こんな調子で大丈夫かな、私…


お祭りの様子



お祭りは彼は大活躍していました。

1日の夜から私は参加しましたが、お昼は子供みこしのアシストをし、屋台?をやり、大変忙しそうでした。

そして夜の手筒花火。

有名な手で持つ花火です。(説明下手)

とにかく危ないのでひやひやしながら見ていましたが、無事終わって安心。

すごい火の粉が頭の上に落ちてきていて、花火をあげてる間ずっと「ハゲちゃうハゲちゃう!!」と違う心配がw

二日目は朝から餅投げ。

彼が投げた餅をみんなで拾うんですが、これ本気でとっていいのかな・・・がっついていいものか。

でも終わった後おかあさんに「私たちはそんな拾えなかったねー」って言われたので、がっつかず正解でした。

そして鹿討。

ん?

なにそれ?

なんか、木で作ったシカを打つ行事らしい。それは確かに聞いてた。

でもそのあと若い男衆がシカの中に入ってた餅を取り合うらしい。

なんで?聞いてないけど?

お義母さん 「その餅をとった男子の家庭は、その年 子宝に恵まれるんだよ」

なんですとーーーーーーー!!??

そんなの聞いてないよ私!これ、子宝の祭りだったの?!

そして空気読まず餅を獲得するのんちゃん。おい。

近所の皆様からは「おめでと♪」とか「今年は期待できるね♪」とか「すぐ赤ちゃんできるよ♪」と言われる私。

あの…わたしまだプロポーズされてないんですけど。。。

そんな感じでお祭りは終わりました。

なんだかハメられた気分。。。

お祭りに参加してみて



まぁいろいろありましたが、無事終了して長男の彼女の役目(そんなのあんのかな)を終えました。

行く前と行く後では、彼の実家への心持が全然違います。

初日まだまだ緊張していた彼の実家でしたが、この後行く時はほとんど緊張することがなくなりました。

近所の方々にも親戚の方々にも会ってお話しできたので、彼の「身内話」も理解することができるようになりました。
(「従弟の○○君がー」って言われても全然興味持てなかったけど、顔を覚えたので話に入れるようになった)

当日は結構気を使って大変だったけど、行ってよかったと本当に思います。

そして帰ってきてから彼に一言。

私「次行くときはプロポーズ後にしてくれ!」

ほんと、プロポーズされてないのに子宝話は困る。笑

関連記事

ブログランキングに参加しています。
面白いと思って下さったら、1日1クリックで応援してもらえると励みになります!
クリックして応援してください


▼いつもありがとうございます。 もし気に入っていただけたらソーシャルブックマークでシェアしていただけると大変励みになります。



コメント

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
QRコード
QR
ブログランキング
▼ スポンサード リンク


▼いつもありがとうございます。
もし気に入っていただけたらソーシャルブックマークでシェアしていただけると大変励みになります。