【結婚式】アルカンシエルで前撮り①【リュクスガーデン名古屋】

結婚式前撮り
カメラマンの言うがままに密着させられます

前撮りは一日がけ


フォーマルフォトだけならすぐなのかもしれませんが、私たちは前撮りを含むアルバムをお願いしていたので、前撮り撮影は6時間くらいかかりました。
朝10時に集合すると、すぐ新婦だけ衣装室へ。新郎はとりあえず待機で、花嫁の準備が整う時間に合わせて呼出しされます。
新郎は、前撮り日はとにかく待たされます。
これから行く人は、携帯の充電器とか携帯型ゲームを用意してもいいかも。

ヘアセットにワクワク!楽しい着替えタイム


一日待ち時間ばかりの新郎に比べ、新婦は休む間もなくヘアセット&お着替えタイム。

こんなに髪の毛をクリンクリンにしたり、お花をつけまくっても許させるのは、結婚式と成人式くらいしかありません。
かわいくしてもらえるという事にワクワクしながら、大きな鏡台の前でセットしてもらいました。
ちなみに、私の母も来てくれたので一緒に準備室にいてもらいました。

まずはメイクから。
厚化粧していただくので、普段カッサカサの私の肌を入念に保湿してくださるメイクさん。
相当乾燥していたからか、コットンパックまではじめられましたw

そしてパック保湿している間に、ホットカーラーで巻いていきます。
温めている間に、保湿が終わった肌にメイクをしていただきます。
すごぉく丁寧に仕上げていただき、満足です。
当日は泣いてもいいようにまつ毛エクステを付ける予定ですが、前撮りはつけまつげを持参してつけてもらいました。
おおお、濃い!けどプロの技はすごい!ほんわかした^^**

メイクが終わるとヘアセットです。
さっきのホットカーラーがイイ感じに方がつく頃なのではずしていきます。
私の髪は長いわりに根元ペッタンなので、ホットカーラーで巻いてもらうだけでもだいぶ雰囲気変わりました。
ホワホワした髪全体を使って、割ときっちり目にまとめてもらいました。
今してもらってる髪型は挙式の時のスタイルなので、後ろ姿が美しいようにうなじがきれいに見えるような髪型にしてもらいました。

ヘアセットが終わると、いよいよドレスです。
慣れた手つきで着せていただくと、鏡には完璧な花嫁姿の自分が!
前撮りやサイズ合わせ等で何度も着てもう新鮮味はなかったんですが、ちゃんとメイクして髪の毛もまとめてもらってのドレス姿はちょっと違った!
正直、自分でうっとりしてしまいましたw ごめんなさいw

早速撮影スタート!


用意が整うと、挙式へ移動。
途中、旦那とご対面!
どうだ旦那よ、かわいいであろう。

私 「どうどう?かわいい?」
旦那 「え、俺が?」

何を言っているのだこの男は。
そんな冴えない返事しかできない旦那はシカトして会場へ着きます。

まず挙式のバージンロードでフォーマルフォトを撮ります。
ドレスは歩くのに大変困難で、私が歩くたびにスタッフさんが裾を直してくださりました。
撮影中思ったのは、とにかくスタッフが多い!という事。
まるでモデルさんかのように、撮るたびに前髪を整えてくれたり、ブーケのリボンを確認してくれたり…

フォーマルフォトを取り終えるくらいに義母さんと義妹ちゃんが来てくれました。
こんな家族総出の前撮りは珍しいと思いますが…

フォーマルフォトはこんな感じで仕上がってきます。
参考になれば…
ウェディング


この後、カメラマンの指示により恥ずかしいポーズをさせられます。
密着したり、抱きついたり、見つめあわされたり…
極めつけは「キスしてください」との事。

おーいいよ、いいんですよ。
いいんだけど、ギャラリーに身内が多すぎるよ。。。
結局、実母と義母、義妹の前でキスさせられた私たち。
大変気苦労いたしました。

ヘアチェンジで屋外撮影へ


そんなこんなで室内の撮影を終えると、次はヘアチェンジして野外撮影となります。
髪型が変わると、また印象違って同じドレスでも気分が変わりました!

屋外での撮影では天気がかなり左右するので、前撮り当日晴れてよかったなぁと思います。
式当日は5月なので晴れが多いとは思いますが、もし雨になっても前撮り写真があるから大丈夫ですね。

外はチャペルの階段部分で写真を撮ったり、階段下でお姫様抱っこをしたり抱き付いたり…
相変わらずいちゃつかされました。

次は和装に着替えて撮影です。
それについては明日の記事で書いていきますね*



ブログランキングに参加しています。
面白いと思って下さったら、1日1クリックで応援してもらえると励みになります!
クリックして応援してください


▼いつもありがとうございます。 もし気に入っていただけたらソーシャルブックマークでシェアしていただけると大変励みになります。


田舎にお嫁に行って気づいた、実家とのギャップ

田舎の嫁
初めてのヨメ友達です

たまたま結婚する人が田舎の長男だった


私の地元は都会ではないですが、お店や学校もたくさんあったし20分で名古屋駅に着くこともあり、地理的な面で生活に不自由するような事は特にない土地に生まれました。
小さい頃は都会に憧れたりもしましたが、学生時代に上京した時に水が合わず、やはり自分は自分になじみにのある東海地方で結婚・生活したいなぁと思っていました。

そして出会ったのが今の旦那。
旦那の実家は確かに東海三県なんですが、かなり山の奥地で「THE田舎」。

幸い結婚しても仕事が名古屋なので、しばらくは同居はありません。
が、いつかは田舎に行かなければいけないというのはヒシヒシと感じています。

田舎は考え方が古風


ある程度都会で働いていると、考え方は先進的というか、男女均等な考え方の方が多いと思います。
でも田舎の方では、いわゆる「昔ながらの考え方」が根強く残っていることに驚きました。

たとえば、とにかく年長者・男性が特別。
最近の家庭は「お母さんが一番強い」というのが多いと思いますが、田舎の方では「おじいちゃん」「お父さん」が一番。
男の人に一番早くご飯出すとか、お父さんだけ一品多いとかも普通にあるみたいです。

あと、祭りは村の一大事。
祭りに向けて、何か月も前から町全体で用意したりしています。
結婚したり子供産まれたりしたら、その家はお祝いに祭りで手筒花火をあげるとか、当然のように行われます。
私の旦那の地元も、毎春結婚した嫁さんや生まれた子供が祭りの祭壇に上がらなきゃいけない決まりがあります。
(まだ式挙げてないから今年は出ないけどね)

結婚式だって大変!
田舎の長男と結婚するなら「二人だけの結婚式」とかは難しいかもしれません。
私も結婚式はひっそりと…と思っていた派でしたが、長男という事で断念。
結局、話したことない組の人(町内会みたいなもん)や隣の家の人を呼んだり…大人数の式を挙げることとなりました。

そしてうちの旦那も「奥さんは専業主婦がいい(家庭に入ってほしい)」といいます。
最近の若い人には珍しいと思います。
そこらへん、古風だと思います。いろんな意味で。

田舎嫁友達が出来たよ


先日、旦那の地元友達の家に赤ちゃんが生まれたのでお祝いに二人で行ってきました。
奥さんは福岡からお嫁に来たホンワカ美人さん。

かわいい赤ちゃんを見せていただきながら、奥さんといろいろおしゃべりしました。
初めは赤ちゃんの話題だったのに、次第に嫁ぎ先の話題へ…

もう話し出すと愚痴?が止まらない!
いや、愚痴ではないな。でも、その奥さんは習慣が違う土地に嫁に来て義実家で同居中。
私以上に不安や不満があるようで、いろいろ聞いているうちに白熱してきました。

たとえば2世帯住宅でキッチンも別なのに、結局毎日義両親のキッチンで毎日奥さんが全員分つくることになっていたり。(たまには夫婦水入らずでご飯食べたいらしいです)
お義父さんが絶対であること。
田舎特有の付き合いが難しいこと。

など、将来自分が悩むんであろうことをいろいろ聞けてとても有意義な時間でした。
あまりに白熱しすぎて、旦那たちが横にいるのも気にせず愚痴っていました。
ごめんねw

その奥さんは実家と相当距離があるのでなかなか帰れず、里帰りから戻るときは大泣きしてしまったそう。
私は実家が近いだけホントに恵まれているなぁと思います。
とはいえ、旦那の実家に済むようになれば、私も実家になかなか帰れる距離じゃなくなるし…

考えると不安しかわかないので考えないことにしますw

ただ、同じような境遇の友達が出来たことはとても心強いです。
まだまだ慣れないけど、旦那の地元のいいところをもっと見つけていきたいなと思っています。


ブログランキングに参加しています。
面白いと思って下さったら、1日1クリックで応援してもらえると励みになります!
クリックして応援してください


▼いつもありがとうございます。 もし気に入っていただけたらソーシャルブックマークでシェアしていただけると大変励みになります。


結婚指輪をNIKAWAで購入!NIKAWAの魅力

結婚指輪を買いに行きました
指輪買いに行くってわかってたらケアしてましたよ!(そういう問題じゃない;)

私たちがNIKAWAに決めた理由


私たちはすでに結婚してますが、結婚指輪は式の指輪交換の時から付けようという事でまだ買っていませんでした。
というかせっかく買った婚約指輪を長く付けるためにも、結婚して半年たった今でもつけていますw

婚約指輪の記事でも書きましたが、婚約指輪を私の希望でお安めにしてもらったので、代わりに結婚指輪は彼の希望のブランドにすることに決めていました。
けして結婚指輪としては高い部類ではなく人並みなものですが、私たちは国内ブランドの老舗を選びたいと思い、NIKAWAさんというブランドに決めていました。
  ■過去記事:婚約指輪めぐり!運命の指輪に巡り合うまで


NIKAWAの結婚指輪は、各指輪ごとに日本名がついているのが特徴です。
「結」「初桜」「綾」など、古典的な名前ときれいでシンプルなデザインが美しくて、ゼクシィで初めて見たときに夫婦共々一目ぼれしました。
そのひとつひとつに作り手の想いが込められていて、人生で一つの品はNIKAWAにしたいなと素直に思えました。

婚約指輪とのセットリングも多く、旦那はそれを希望していたのですが… 全てNIWAKAで揃えると私たちの予算がオーバーしてしまうので、婚約指輪だけ別店で買い、結婚指輪はNIKAWAにしました。

結婚指輪を買う時期


先日めずらしく夫婦で栄デート(という名の買い出し)に出かけた時、NIKAWAの前を通った私たち。
式は5月で、早く買ってもつけられない期間モヤモヤするからとギリギリに買おうと思っていましたが、何事も早い方がイイかなと思い2月でしたが来店。

予約せず行きましたが、すぐに案内していただきました。
2階に案内され、沢山並んだ結婚指輪を見させてもらいます。
聞けば、2月の今日予約しても、出来上がるのは4月中旬になるよう。
これじゃあ結構ギリギリじゃん!と慌てて今日買うことを決意。
意外に時間かかるんですね、婚約指輪は2週間で出来たので油断していました。

試着するのにためらう女子力


イイなと思える指輪を何点か出していただき、「試着してみてください」と言っていただく。
ではでは遠慮なく・・・♪
と思った瞬間自分の左手と目が合う。

なんだこの汚い手は

見れば剥げかけたマニュキュア。
カサカサの肌。
薄ら生えた、指毛。
そしてさっき食べたラーメンくさい全身。

なんて女子失格な人間なんだ私は。
いや、もう女子よりおっさんに近いだろう、これは。
おっさんに近づきすぎた罪は重い…咄嗟に出した左手を引っ込めました。

まさか今日指輪を買いに行くとは思っていなかったので、家事疲れ丸見えの手で来てしまいました。
店員のお姉さんに見られないように、こっそり試着する私。
その横でドン引きしている旦那。
見えてるけど気づかないふりをしてくれる店員さん。

かなりカオスです。

デザインは「初桜」に決定


NIWAKA

そんな最低な左手でしたが、数あるデザインから候補はすでに決めていたので、デザイン決定は時間がかかりませんでした。

「結」と「唐花」、「初桜」で検討していましたが、最終的にはV字カーブがきれいな「初桜」に決定。
唐花も素敵でしたが、もともと購入していた婚約指輪と合わせて付けたとき、初桜がぴったり重なったので「これだ!」と思いました。

旦那は唐花のメンズデザインが気に入っていたみたいなので、「メンズデザインと私のデザインは別々でえらんでもいいよ」とは言ったのですが、ペアがイイとの事だったので二人で「初桜」を選びました。

初桜の場合は名前の通り、石をピンクダイヤに変える人が多いみたいですが(上の公式写真もピンクですね)、私は婚約指輪にピンクダイヤをいれたので、そのままホワイトのダイヤで作ってもらうことにしました。

出来上がりは約2か月後


出来上がるのは、頼んだ今日から約2か月後になるみたいです。
前撮りとか考えるともっと早い方がよかったかなぁと思いますが、式に間に合ってよかったです。
出来上がって受け取り後の記事も書いたので、よろしければご覧ください。
  ■記事:NIWAKAで結婚指輪を受け取りました





ブログランキングに参加しています。
面白いと思って下さったら、1日1クリックで応援してもらえると励みになります!
クリックして応援してください


▼いつもありがとうございます。 もし気に入っていただけたらソーシャルブックマークでシェアしていただけると大変励みになります。


友達いないのになんで二次会やるの

二次会の人数集め
私にだって友達いるわい

見せるほどの花嫁姿ではない


このブログをいつも見てくださっている方だとわかると思いますが、私は花嫁ですが著しく結婚式に対してのモチベーションが低い女です。
それは二次会も同じで、「二次会はなくていいんじゃない?」って旦那に聞いたりしていました。

でも旦那は「二次会は皆するもんなんだからしたい」という主張。
まぁ確かに、私のまわりも結婚式した子はほぼしてます。二次会。
ただ友達に花嫁姿とか見に来てください!ってキャラじゃないし、結婚式も最低限しか友達呼んでないのに…

でも旦那はこういう結婚式とかそういう類が大好きなので、もうあきらめました。
たまに「いいよ、スウが嫌なら二次会辞めても」っていうんですが、大体やることは旦那の中で決定しているんです。
ここまで読んでいただくとわかると思うんですが、今回は愚痴です。笑

人数集めに大格闘


私たちの二次会会場は、最低人数が40人。
だから少なくとも40人集まらなければキャンセル料がかかります。
私は結婚式同様最低限しか人を呼ばないつもりだったのですが、旦那があんなにやりたいって言うから30人くらい集めるでしょう。
そう思って打ち合わせから帰ってきました。(打ち合わせは私だけで行ってきました)

旦那「え、40人?集まるかな。俺、名古屋に友達いないから10人しか呼べないよ

!?

考えられますか奥さん!!
旦那が「披露宴には呼ばない友達とかはどうするの?二次会なかったらお祝いにも来てもらえないよ」っていうからやることになったのに、旦那側メンバーは披露宴と変わらないんですよ。

正直怒り心頭でしたが、それよりキャンセル代の事が気になって旦那への説教は後回しです。何とか確保せねば。

もともと披露宴でも友達は1テーブル分しか呼んでおらず「スウは友達少ないなー^^」と旦那にけなされてきた私ですが、必死にFacebookやLINEを屈指してもう会っていない学生時代の友達や前の職場の先輩方にメール。
みんな友達は子育てラッシュ中で、二次会には来てくれないと思うんだよね・・・

皆ありがとう!声かけて正解でした!


正直、皆に「ごめんねスウちゃん、子供が小さくて…」って言われるのが目に見えてたので、メール送信後は携帯見たくなかったんです。
でも返事がくるくる!!
「旦那に子供任せていくね」とか「休み取れるようにシフトお願いしてみる!」とか!

いままで友達に結婚の事あまり言ってなかったので「おめでとう!」て言ってもらえてうれしかったです。
あれよあれよという間に返事が集まり、メールを出した日の夜には私の中の最終目標だった20人から出席をいただきました。
まだ返事確認中の方もいるので、もう少し増えると思います。
こんなに来ていただけると思わなかったので、ちょっとやる気が出ました。

式は7:3で旦那側のゲストばかりですが、二次会はこのままだと逆になりそうです。
旦那の「二次会とりあえずやりたい」発言は腹が立ちましたが、自分の友達がみんな来てくれると思うと頑張ろうと思えました。

式まであと1か月半ですが、がんばってラストスパート駆けていこうと思います★


ブログランキングに参加しています。
面白いと思って下さったら、1日1クリックで応援してもらえると励みになります!
クリックして応援してください


▼いつもありがとうございます。 もし気に入っていただけたらソーシャルブックマークでシェアしていただけると大変励みになります。


【結婚式二次会準備】めんどくさいから2次会くんにお任せしてみた

二次会くんに頼んでみる
もう幹事との作戦会議さえメンドクサイ

二次会めんどくさいけど失敗はしたくない


もうすぐ結婚式です。
つまりは、もうすぐ結婚式2次会でもあります。

結婚式場は1年も前に抑えた私たちですが、2次会についてはノーマークだった私たち。
とりあえず共通の友達に「幹事よろしく―」と言ってあったのですが、日が近づいても特に何も行動しない私たち。
通常結婚式なんてものは花嫁が気合入れて仕切ってあげるもので、二次会も披露宴も奥さんがパパっと決めてしまう物なんだと思います。

しかし私たちは、花嫁(私)のやる気が皆無。

なので最近まで2次会については放置プレイしていました。
どうにかなるでしょう。どうにかするでしょ。(旦那が)

いつだって期限ぎりぎりで動き出す


私たちの共通の友達が、私たちのちょうど1か月前に結婚式をします。
その友人から「2次会お誘いメール」をもらいました。

そろそろうちらも会場くらい決めないといけないんじゃない・・・?

というわけで動き出しました。遅すぎますかね^^;
とはいえ、結婚式用意で体力もやる気も消耗していた私たちは、今から友達の幹事さんと打ち合わせとか一からする気持ちにはなれませんでした。

そんな状態の二人が出した結論は

「テレビでよく見る、二次会くんに頼んでみるか」

二次会くんってなんぞや


二次会くんってよくテレビで見ますが、いったいどんなサービスなのかネットで調べることから始めました。
会費は一人7000円前後、ゲストからいただく感じでそれがそのまま二次会くん業者に支払います。
その会費の中で、司会者や音響担当・受付などの担当者代や食費・会場費・ゲームの商品なども含んでひととおりの二次会を頼むことが出来ます。

私たちホスト側が業者に支払うのは基本料金ですが、一番シンプルなプランを選択すれば0円で依頼することが出来ます。(ただし最低人数60人。私たちは日が近いので50人でイイと言われましたが。)
もし最低人数を割るようならわった人数分の会費を払えばいいのですが、10人少なければ7万円支払わなければいけません。
だったらもう一つ上のプランにして、豪華なオプション付きなプランにした方がいいと思います。
私たちは人数が40人くらいのつもりなので、その上のプランにしました。
これを選ぶことで、人数割れの費用を負担する必要もありませんし、巨大クラッカー(大人二人で脇に抱えて引くビックサイズのやつ)や生花のブーケイベントがつき、ゲームもビンゴではなくてオリジナルなゲームで盛り上げていただけます。

楽しい2次会にしたいから


私は結婚式に出た経験はほとんどないですが、結婚式の二次会は本当にたくさん出てきました。
結婚式は料理がまずいと白けると聞きますが…二次会って、司会者ありきだと思います。

司会者が上手な二次会はすごく素敵だったし、料理まずくても楽しかったです。
逆に司会者が下手だったり内輪ウケな司会だと、すごく白けました。
仲良くなかったのに呼ばれて内輪ウケだけの立食パーティーに行ったときは・・・早く帰りたいとすら思ったことがあります。(ごめんなさい)

なので私は司会者をプロに頼むのには賛成でした。
友達に幹事を頼むと気を使うし、私も幹事したことありますが作戦会議も結構大変。
私自身が2次会くん幹事の2次会に参加したことがないのが悔やまれましたが、今回は一任してみようと思います。

話し合いも1回だけであとはメールと電話でOKなのは大変助かります。
衣装はこっち持ちなので探さなければいけませんが、二次会くんの紹介でタキシードとドレスのセットで30000円で借りれる券もいただきました。
せっかくなのでカラードレス着てみようと思います。

そこらへんもまたレポしますね^^*


ブログランキングに参加しています。
面白いと思って下さったら、1日1クリックで応援してもらえると励みになります!
クリックして応援してください


▼いつもありがとうございます。 もし気に入っていただけたらソーシャルブックマークでシェアしていただけると大変励みになります。


検索フォーム
QRコード
QR
ブログランキング
▼ スポンサード リンク


▼いつもありがとうございます。
もし気に入っていただけたらソーシャルブックマークでシェアしていただけると大変励みになります。