「日常 」カテゴリ記事一覧


通販好きな実家の母

4コマ漫画

なぜか通販に甘い母


私が子供の頃から母は節約家で、要らないものは買わない性格の母でした。
ですが、なぜか通販には甘い!笑

頻度こそ少ないですが、何かよくわからんテレビショッピングをついつい買ってしまったり、謎な買い物をする母。
母曰く「深夜通販は見たらあかん」らしいですw

クーポンサイトを網羅する


ここ5年くらいはクーポンサイトにお熱の様で、いそいそと購入しているみたい。
実家に帰るたび「ポンパレ」や「グル―ポン」から小包が届いています^^;

いくつかクーポンサイトあるみたいですが、うちの母はいくつもに登録してあり、毎日チェックしているみたいです。
良い物があるとメールで「今日はくまぽんで○○があるから買いや!」と来るんですが、私それ会員じゃないんですが。笑

先日実家に帰ったとき、食後のブレイクタイムに出てきたのはコーヒーではなく怪しげなダイエットジュース。

母 「これ飲んでみ!ポンパレで買ったやつ!」
私 「なにこれ…(見るからに怪しい)」
母 「ダイエット飲料!
   なんと飲むと胃で膨れるから、食前に飲むと少食になるらしい。
   だから最高にダイエット!」

そんなことを言いながら、私に勧めてきたジュースを自分で飲む母。
私にくれたんじゃないんかい。

母 「でも食前に飲むのいつも忘れるから、食後に飲んでる

おいおい、それって意味ないよね!?
さっきまでおなかいっぱい食べてた胃に、いまさらそのジュースを飲んでも意味ないんじゃ…

私 「…それ意味あるの?」
母 「よくわかんないけど追加注文しようと思う

えええええ!
それ絶対意味ないよ!

絶対ただのジュースとして飲んでいます。
そんな母ですが通販で人生楽しくやってそうなのでつっこまないでおく。



ブログランキングに参加しています。
面白いと思って下さったら、1日1クリックで応援してもらえると励みになります!
クリックして応援してください


▼いつもありがとうございます。 もし気に入っていただけたらソーシャルブックマークでシェアしていただけると大変励みになります。


結婚太りは幸せ?幸せ太りした旦那を持つ嫁の気持ち

4コマ漫画

結婚8か月にして幸せ太り10キロ


結婚半年余りにして、細かった旦那が幸せ太りという名の激太りをしました。
ここまで至るまでの経緯と、周囲の反応、妻の心境をまとめてみましたw

結婚前は痩せ型男子


旦那と初めて会った時の感想は「ヒョロッとした人」。
身長が高く痩せ型だったため、職場では「アンガールズみたいな体系」と言われていました。(本物ほど細くはなかったけどw)

きっと食べても太らない体質なのだと思っていました。
でも付き合ってみて分かったんですが、彼は夕ご飯をあまり食べない人だったみたいです。
毎日昼にラーメンとかこってりしたものを食べていたので、野菜なんかほとんど取れてなかったと思います。

食欲がないわけではないけど、一人暮らしだったため作るのがめんどくさかったとの事。
それなら!と、頑張って手料理してあげるととても喜んでくれたのを覚えています。

結婚後の食生活


そんな不規則な食生活をしていた旦那ですが、晴れて結婚しました。
毎日もちろん夕食を用意してるし、会社の日は弁当も作っています。

でも旦那の仕事は外出が多く、弁当の日は週に1回あればいいところ。
なので実質昼は独身時代とかわらない食事。
そしてお菓子が大好きなので、それも独身同様食べている模様。

なので、結婚後は夕食分の食事量がまるまる増えたことになります。

気が付くと「痩せ型の彼」はもういない


旦那は着々と太っていたみたいなのですが、毎日一緒にいると気が付かないものです。
最初はお腹が出てきて「幸せ太りだねー」とか甘いことを言っていました。

でも職場の人(私たちは同じ職場だった)に「スウちゃんの旦那は細いからいいねー」とか言われていたので完全に油断していました。
むしろ「いやいや、ああ見えて太りましたよー」とか言って、幸せ太りをアピールしていた時期もありましたw

しかし、最近結婚式の前撮りでメイクさんに「ご主人体格がいいので着物お似合いですね」と言われる。

…ん?
誰の事?

そんな目で旦那を見ると、確かに太ってる!!
おおお、アンガールズ体系と呼ばれたうちの旦那はいずこへ・・・?!

太った旦那に対する周囲の反応


本人に確認したところ10キロ近く増えた模様。
そんな旦那に、周囲はさぞ驚いているでしょう。

ところが、会社の人を始め周囲の人は「太ったね」なんて言ってこないみたいです。
一緒の職場で働いでいた妻である私にも、周囲から体系の事は何も言われなかったです。

それに甘えてはいけません。
いや、私は甘えていた。

一番難色を示していたのは月一会う旦那の母であるお義母さん。
「ちょっと太ったんじゃない・・・?痩せないと…」と一言。
私としてはその時はそこまで太ったと思えなくて「ご飯を毎食食べるようになったので…」とか答えてました。

でもよく考えたら、いつも遠慮して私に何も注意とかしないお義母さんが忠告してくれたのですから、相当気にしてたんでしょうw
お義母さんすいませんw

他にも前から知ってる人は旦那が「痩せている」というイメージがあるためか遠慮してか、指摘されることはないです。
でも最近初めて会う人は「がっちりした旦那」というイメージを持っているみたいで、なんだかギャップを感じます。

妻の心境


そんな旦那を持つ妻の心境ですが…

正直とっても複雑です!
やっぱり食事を作っているのは妻である私なので責任を感じるし、旦那に申し訳ない気持ちもあります。

でもそんな高カロリーな食事を作っているとは思えないし、私自身も食物栄養科だったし栄養士資格も持ってるし、栄養管理は間違っていないつもりなんです。
そして私も結婚して食生活は多少変わりましたが、体重は変動なく同体重キープしています。
(もちろん私も、食べても太らない夢のような体質ではありません)

やっぱり大きいのは、結婚を機に旦那に禁煙をしてもらったことかなと本音は思っています。。
禁煙で10キロ太ったとかよく聞くし。

でもそんな事お義母さんには知らないし、きっと「スウちゃんがいっぱい作るから…」と思われていると思います。
いや、思われてもしょうがないです!
「結婚して痩せてしまった」と言われるよりはいいかもしれませんが、このままこのペースで太っていったらと思うと心が苦しいです。

そんな言い訳がましい私ですが、旦那がこのまま膨れていくのはやばいという危機感を持ちましたので、ダイエットをしてもらおうと計画を練るつもりです。

全国の旦那様は、奥さんを助けるためにも間食はお控えくださいw


ブログランキングに参加しています。
面白いと思って下さったら、1日1クリックで応援してもらえると励みになります!
クリックして応援してください


▼いつもありがとうございます。 もし気に入っていただけたらソーシャルブックマークでシェアしていただけると大変励みになります。


【彼ママにアピール】LINEを使ってできる!彼ママに「いい嫁」アピールする3つの方法

4コマ漫画
おかげさまで変な投稿できません

彼のお母さんと仲良くなりたい女の子の為に!


この記事は、彼のお母さんと仲良くなりたい女の子・新妻に向けて書こうとおもいます。
私がお義母さん(彼ママ)と仲良くなりたい!と思い実践したことを書いてみようと思います。

当時の私はとにかく彼の家族と仲良くしたくて、付き合ってた頃は何度も「彼ママと仲良くなる方法」とか検索しまくってました。
そんな私も無事結婚しましたので、同じような方の為に私も実例を書いてみます。

①彼のお母さんと初めて会ったらLINE(またはメール)でお礼


私が彼のお母さんに初めて会ったのは、結婚する半年前くらい。
結婚のあいさつとかではなく、「とりあえず彼女として」紹介してもらいました。

まだ結婚が決まってたわけではないので、それはそれで緊張しました。
呼び方は「おかあさん」ではなく「○○くんのおかあさん」にしたりとか、いろいろ下調べして行きましたw

で、無事挨拶が終わったら、今日のお礼を伝えたいですよね。
その時もまだ結婚するわけじゃないし…と彼伝いに連絡を入れてもいいんですが、、、。
思い切って直接メールした方が距離は近くなると思います!

私は帰ったから、彼にお義母さんの連絡先を聞きました。
彼から「スウちゃんがお礼言いたいって言ってるからLINE教えていい?」とお義母さんにメール。
イイよと言われたら、私の携帯から直で今日のお礼を伝えました。

正直「いきなり連絡きたら厚かましい子って思われないかな…」と不安でしたが、直で連絡して本当に良かったなぁと思います!
お義母さんが相当変わってる人でない限り、「直接お礼が言いたい」と言われて嫌な気持ちにはならないと思います。
日本人は礼に始まり礼に終わるって言いますからね!

その結果…


LINEを送ってみたところ、お母さんからフランクな返事が!そしてかわいいスタンプも♪
なんだかほっとして、私自身お義母さんに対する緊張感が減って「彼のお母さん」っていうがちがちなイメージから脱出することが出来ました。
メールだともっと固い感じになったかもしれないけど、LINEだったからスタンプとかもあるし、チャット感覚で出来たのかも。

そしてなにより、このタイミングで交換したからその後いろんなタイミングで気軽にメールを送れるようになりました!

②結婚してからも実践!こめまに彼ママにメール


これは結婚してからも言えることなんですが、いろいろタイミングを見つけてメールするのは吉だと思います。
なんでもいいわけじゃないです!そして頻度も大切(多いとウザがられますw)

たとえば彼実家のお祭りに行く前の日とか、彼の実家のうさぎが体調不良の時とか、ちょっとしたときに「○○さんに聞きましたけど…」ってちょっとしたメールをすると、お母さんも喜んでくれます。

あとは当然ですが、贈り物が届いた日のお礼メールや、お母さんの誕生日祝い。
こういう当たり前の会話やお礼も、あの時連絡先を交換できたおかげだと思います。

そういうやり取りの積み重ねが大事だと思います。
会う前は「まだ付き合い始めて浅いんだから、結婚はゆっくり決めてもいいんだよ」と彼に言っていたお母さんも、会って2か月後には「スウちゃんもお年頃なんだから、あんまり待たせちゃだめよ」といってくれましたw

けして私はいい嫁ではないし、もっと出来るお嫁さんはたくさんたくさんいます。
でも「お義母さんと仲良くなりたい!」っていう情熱は、きっと伝わっていたんだと思います。

③LINEタイムラインでこっそりアピール


これはLINEでやりとりしている人限定ですが…
LINEのタイムライン投稿機能で、友達になっている人に近況を写真付きで閲覧することが出来ますよね。

私はあんまり気にせず、出来のいい料理が出来た日に料理写真をアップさせていたんです。
そしたら旦那が「母さんが、スウちゃん頑張ってるねーって褒めてたよ^^」って言い出したんです。

え?!お義母さんみてたの?!

まさか見てるとは思ってなかったので焦りました;
咄嗟に過去の投稿を見直し、やばい奴なかったか確認w
大丈夫、LINEは。(Facebookは保証できないけどw)

とはいえ、料理写真をみて褒めてくれたなんて光栄です。これはいい展開です。
それからは張りきった料理・裁縫をしたときにだけアップするようになりました。
品目の多い日の弁当を載せた日は「毎日大変だろうから!」とお弁当グッズいただきましたw

LINEを使って彼ママに「いい嫁」アピール・まとめ


以上が、LINEで出来る彼ママアピールです。
結婚するまでも大変ですが、結婚してから本当の家族になってからも続くのが家族だと思います。

結婚するまではいろいろ気にかけてくれたのに、結婚したら全くだった!なんて言われないように、
長い目で見て続けられる距離感で仲良くできれば…と思います。
お義母さんと仲良くなるのには個人の性格や相性が多大に関係してくると思いますが、「彼の家族と仲良くなりたい」って気持ちがあれば嫌われたりはしないと思います!

ブログランキングに参加しています。
面白いと思って下さったら、1日1クリックで応援してもらえると励みになります!
クリックして応援してください


▼いつもありがとうございます。 もし気に入っていただけたらソーシャルブックマークでシェアしていただけると大変励みになります。


エイプリールフールをつかって愛の言葉を言ってみる

4コマ漫画
嘘なのか本当なのかはご想像にお任せします

今日しか言えない愛の言葉


夫婦になって初めてのエイプリールフール。
なんか嘘つかなきゃなぁ…と思ってもなかなか言葉が出てこない。
とりあえず出てきた言葉は

「あ、愛してる…w」

それにこたえる旦那の「俺も…」。
これでも新婚です。(大丈夫でしょうか)

日本人はエイプリールフールは苦手?


今年も4月を迎え、すなわちエイプリールフールがやってきました。
子供のころは友達に嘘をついたりして楽しんだものですが、大人になってからはそんな楽しみも忘れてしまいました。

というか、大人になるとなかなかエイプリールジョークを言っても許される場所がないというか。
せいぜい会社の朝礼前に後輩に向けてつまらない冗談を言うくらいです。

ネットで見ても、日本人はエイプリールフールを楽しめていない人が多いみたいです。イースターもスルーだけどね。
アメリカとかだともっとジョーク飛ばしているのでしょうか。

ブログランキングに参加しています。
面白いと思って下さったら、1日1クリックで応援してもらえると励みになります!
クリックして応援してください


▼いつもありがとうございます。 もし気に入っていただけたらソーシャルブックマークでシェアしていただけると大変励みになります。


田舎にお嫁に行って気づいた、実家とのギャップ

田舎の嫁
初めてのヨメ友達です

たまたま結婚する人が田舎の長男だった


私の地元は都会ではないですが、お店や学校もたくさんあったし20分で名古屋駅に着くこともあり、地理的な面で生活に不自由するような事は特にない土地に生まれました。
小さい頃は都会に憧れたりもしましたが、学生時代に上京した時に水が合わず、やはり自分は自分になじみにのある東海地方で結婚・生活したいなぁと思っていました。

そして出会ったのが今の旦那。
旦那の実家は確かに東海三県なんですが、かなり山の奥地で「THE田舎」。

幸い結婚しても仕事が名古屋なので、しばらくは同居はありません。
が、いつかは田舎に行かなければいけないというのはヒシヒシと感じています。

田舎は考え方が古風


ある程度都会で働いていると、考え方は先進的というか、男女均等な考え方の方が多いと思います。
でも田舎の方では、いわゆる「昔ながらの考え方」が根強く残っていることに驚きました。

たとえば、とにかく年長者・男性が特別。
最近の家庭は「お母さんが一番強い」というのが多いと思いますが、田舎の方では「おじいちゃん」「お父さん」が一番。
男の人に一番早くご飯出すとか、お父さんだけ一品多いとかも普通にあるみたいです。

あと、祭りは村の一大事。
祭りに向けて、何か月も前から町全体で用意したりしています。
結婚したり子供産まれたりしたら、その家はお祝いに祭りで手筒花火をあげるとか、当然のように行われます。
私の旦那の地元も、毎春結婚した嫁さんや生まれた子供が祭りの祭壇に上がらなきゃいけない決まりがあります。
(まだ式挙げてないから今年は出ないけどね)

結婚式だって大変!
田舎の長男と結婚するなら「二人だけの結婚式」とかは難しいかもしれません。
私も結婚式はひっそりと…と思っていた派でしたが、長男という事で断念。
結局、話したことない組の人(町内会みたいなもん)や隣の家の人を呼んだり…大人数の式を挙げることとなりました。

そしてうちの旦那も「奥さんは専業主婦がいい(家庭に入ってほしい)」といいます。
最近の若い人には珍しいと思います。
そこらへん、古風だと思います。いろんな意味で。

田舎嫁友達が出来たよ


先日、旦那の地元友達の家に赤ちゃんが生まれたのでお祝いに二人で行ってきました。
奥さんは福岡からお嫁に来たホンワカ美人さん。

かわいい赤ちゃんを見せていただきながら、奥さんといろいろおしゃべりしました。
初めは赤ちゃんの話題だったのに、次第に嫁ぎ先の話題へ…

もう話し出すと愚痴?が止まらない!
いや、愚痴ではないな。でも、その奥さんは習慣が違う土地に嫁に来て義実家で同居中。
私以上に不安や不満があるようで、いろいろ聞いているうちに白熱してきました。

たとえば2世帯住宅でキッチンも別なのに、結局毎日義両親のキッチンで毎日奥さんが全員分つくることになっていたり。(たまには夫婦水入らずでご飯食べたいらしいです)
お義父さんが絶対であること。
田舎特有の付き合いが難しいこと。

など、将来自分が悩むんであろうことをいろいろ聞けてとても有意義な時間でした。
あまりに白熱しすぎて、旦那たちが横にいるのも気にせず愚痴っていました。
ごめんねw

その奥さんは実家と相当距離があるのでなかなか帰れず、里帰りから戻るときは大泣きしてしまったそう。
私は実家が近いだけホントに恵まれているなぁと思います。
とはいえ、旦那の実家に済むようになれば、私も実家になかなか帰れる距離じゃなくなるし…

考えると不安しかわかないので考えないことにしますw

ただ、同じような境遇の友達が出来たことはとても心強いです。
まだまだ慣れないけど、旦那の地元のいいところをもっと見つけていきたいなと思っています。


ブログランキングに参加しています。
面白いと思って下さったら、1日1クリックで応援してもらえると励みになります!
クリックして応援してください


▼いつもありがとうございます。 もし気に入っていただけたらソーシャルブックマークでシェアしていただけると大変励みになります。


検索フォーム
QRコード
QR
ブログランキング
▼ スポンサード リンク


▼いつもありがとうございます。
もし気に入っていただけたらソーシャルブックマークでシェアしていただけると大変励みになります。