リュクスガーデン名古屋で結婚式を挙げた感想~イイこと・悪いこと~

散々迷って決めた式場「リュクスガーデン名古屋」



結婚式が終わって、もう半年近くたってしまいました。
以前の記事を見ていただくとわかる通り、式場選びから数えると本当に長い道のり。
何か所もウェディングフェアに参加し、散々値切った挙句に選んだのは、一切値切りが効かない「リュクスガーデン名古屋(当時はアルカンシエル名古屋)」。

では実際に式が終わって、私たちが正直に思うこと。
それを今日は書いていこうと思います。

正直、イイことばかり書くことはできません。
それは私が結婚式で引っかかることが多々あって、あまりいい印象がないまま結婚式を終えたからです。
(もちろん当日に大きなミスや失態もなく、一通り式は大成功しています。ご安心ください;;)

ただこの場を借りてグチグチ言うのは違うかな…と思い、更新できずにいました。
私たちも他の会場で式を挙げた訳じゃないので、リュクスガーデンさんが特別だったわけでもないのかもしれない。
そんな思いで書くことを意識的にやめていました。
何度もコメントをいただいて、「式当日について書いてください」という嬉しいコメントもいただきました。
ゆえに、後ろ向きな意見を書いていいのか・・・と悩んだ次第です。

でも、最近シークレットコメントをいただき「悪いことでもいいので、教えてください。」と、現在リュクスガーデンさんで検討していらっしゃる方からお言葉がありました。
私もはっとして、「自分が式場選びしていた時に知りたかった情報を、共有することは悪いことじゃないんじゃないか」と思いなおし、今回記事にすることに決めました。

リュクスガーデンを選んで後悔した点



先に言葉を添えさせてください。
この記事に書かれていることは私たちの個人的な感想です。
会場で働いている方や、同じ会場で円満に式を終えた方には大変失礼な内容も含まれるかと思いますが、あくまで個人的な見解です。
リュクスガーデンで式をされたほとんどの方が大満足されておりますので、その方々のブログ等も十分に観ていただき、意見の偏ることのない様よろしくお願いします。


ではさっそく、一つずつピックアップさせていただきます。

①価格と自由度は比例しない



大変ケチな私たちが最終的に選んだリュクスガーデン名古屋。
「相場より高い」のは承知の上で、選択しました。
でも価格は高くなっても「自分たちの思っている様な式を自由に作ることが出来るのはココだ!」と思ったからココを選びました。
なので多少高くなりましたが、そこには何も文句はありません。

ただ、価格に比例して「自分たちの思っている様な式を自由に作ることが出来る」というのは、自分たちの思い過ごしでした。

このリュクスガーデンは全国展開している大手式場だけあって、マニュアルもきちんとしていてスタッフさんも一流のサービスを学んでいらっしゃいます。
ただその分、夫婦の「○○したい!」に応える範囲も制限がありました。
もちろん代案を出してくれることもありましたが、「そういう決まりなので…」と断られることも多々ありました。


そして著作権にすごーく厳しい。JASRAC関連の人が上層部にいるの?って思うくらい厳しいです!
そのおかげで、ビデオ等の制作物に多大な制限がかかりました。
それについては次の項目で詳しく載せてきますね。


②他式場より著作権に厳しい故に、制作物に制限がかかる



全国展開している式場だからでしょうか。
ものすごく著作権に厳しいです。
(ここまで厳しくなったのは2015年1月あたり?からだと思います。少なくともそれ以前に挙げた方は問題なく使えたという話を聞きました。)
気にならない方にはあまり引っかからない点なのかもしれませんが、ビデオ作製などを楽しみにしていた私にとっては、この点だけで「なんでこの式場を選んでしまったんだろう」と後悔しっぱなしでした。

例えば音楽利用。
結婚式では入場曲を始め、ケーキカットBGM、途中退場BGM、再入場曲、花嫁の手紙BGM、エンディングBGM…等、いろんな場面で音楽を使用します。
これを選ぶの結婚式の醍醐味で、私たちも楽しんで試行錯誤しながら選択していました。

しかし、式契約から半年たってからの打ち合わせで(式半年前)に初めて「使用する曲は著作権の関係で、CD原本がないと流せません。」との事。

つまり、「CD-R」に焼いたCDではダメ。
CD販売していないような曲は流せない。
ちゃんと公式サイトで買った「MP3」等の正当なデータでもCD原本がないからダメ。
編集したダイジェスト版を流すことも、もちろん不可能。


という事です。
つまり、10曲使うなら、10枚近いCDを持参しなければならない。
曲の途中から(例えばサビから)流したい場合などは、秒数を伝えてスタッフさんに手動で当日スタートさせて貰うしかありません。(しかも下手でしたw)

この話を聞いたとき、「今時CDなんか持ってないから1枚1枚買わなきゃいけないって事?!」となり、すでにやる気をなくしました^^;
「せっかくの式だから、自分達らしい曲を選ぼう!」と意気込んでいたのに、「10枚も買えないから、オムニバスCD買ってその中から選ぶか…」と、意識もダウン。



とはいえ、ここまではまだ許せます。

問題は「ビデオにも同じような事が言える」事。
つまり、ビデオの音声に含まれる音楽もCD原本を用意しなければならない。
さ ら に !
いくらCD原本を持っていたとしても、ビデオの中に組み込むことは一切許されない
当日ビデオを流している横で、CDプレイヤ―からCDを流す事しか許されない。という事です。

普通、生い立ちビデオなどの自分たちが制作するビデオは、BGMも組み込んだ形で制作します。
だから、シンプルな作りで作った方はCD後乗せするのでも十分だと思いますが、長めのビデオを作成されたり凝ったりする方は2曲以上使うと思います。
そんな時も、ビデオの映像に合わせて曲を合わせたりつなげたりしたいと思いますが、それもできません。
簡単なつなぎなら音声のスタッフに頼むこともできますが、それも手動なのでつなぎは下手です。
例えば私たちのビデオは前半(生いたち部分)と後半(なれそめ紹介)で曲を買えるようお願いしたのですが、CDを変える作業が手動なため、後半部の冒頭は10秒くらい無音だったようです。。。(ゲスト談)

些細なことかもしれませんが、作り手としてはすごく微妙な結果となりました。
もちろんこの著作権、音楽だけでなく映像にも厳しいので、結婚式でよくある「ディズニーのアニメ映像や冒頭映像」などを使う事なども当然禁止されています。


著作権については難しい問題なので、一概に「式場がわるい!」とは言えません。
むしろ国目線で言えば式場の方が正しいのかもしれません。
でもMP-3でも公式にアーティストにお金を払っているのでCDと同等なはずだし、CD購入者でもビデオBGMに組み込んではいけないというのは納得がいきません。
結婚式での音楽は個人使用の範囲ではないとの主張ですが、あくまで結婚式は披露パーティーであって利益目的でもありません。

同じ時期(2015年8月)やそれ以降に他会場で式を挙げた方々全員(わたしの周りだけなので正確なデータではございません)がそのような著作権における制限もなくビデオ作製・BGM選びはしておらず、自由に選択をしているようでした。
そんな話を聞くと、「私もリュクスガーデンじゃなかったら…」と思ってしまったのは仕方がないんじゃないかなって思います。


この話をウェディングフェアで聞いていれば納得できたと思います。(それ以前にこの式場を選ばなかったでしょうけど。)
でも聞いたのは契約後半年たって、式前半年になってから。
いまさら言われても…というと、私たちが契約した時はそのような決まりはなかったとの事。
つまり、「早めに契約したばかりに、その待ち期間に新しい約束事が追加したので、それも当然守ってね★」という事。
そんなのアリですか?!
せめて契約時に説明していない(というかその時はそもそもなかった)場合は、代案策(例えば別料金でもいい。極論)を立ててほしかったです。



③担当者が各部門ごとに変わる→最高担当者は??



最後はさらっと。
他の会場ではプランナーさんが親身になっていただき、式が終わってから感謝感謝で…という話はよく聞きます。
でも私たちにはそれがなかった。

なぜなら、毎回担当者が違うからw
もちろんプロデューサーと呼ばれる、式の担当者はいます。
でも、なんというか窓口になってくれているだけで、「いつも相談に乗ってくれる」とかではないです。
担当者が各部門にいらっしゃるので、そこがこの式場の強みなのかもしれません。
でも、その各担当者同士の伝達もうまくできているとはいえず、何度も同じことを伝えなければいけない、という事も。。。

それも仕方がないかな?と思ってはいましたが、こんなこともありました。
前撮り撮影の日に写真データの受取日について問い合わせた時、カメラマンから「明日か明後日には送ります。」と言われました。
その言葉を言われたこと自体は確実で、双方の母(前撮りに来ていた)も聞いていました。
女3人で「そんなに早い対応してくれるんだね――!」と感動していたので、確証しています。

しかし、待てども来ない。
初めは「そんなに早いってことは、メールかな?」と思い毎日PCメールをチェック。
でも来ない。
もしかしてポスト郵送かな?と思ってポストを待ってみる。
でも来ない。
1週間たったので、もしかして違うメアドに送ってくれてるかも?と思ってプロデューサーに電話で問い合わせたところ、まだ送ってないとの返事。
おいおいと思って、「ずっと待ってたんですけど…」というと、「そもそもそんなに早くは送れないです。カメラマンもそんなこと言っていないと言っているので、お客様の勘違いかと思います」と言われてしまいました^^;
おいおいおいおい。

こちらは複数人聞いているんですけど。。。。
百歩譲ってこちらの聞き間違いだとしても、そんな言い方されるとカチンと来ちゃいます。
言いたくないけど…客である私たちの言葉を疑い、同僚をかばっているのがプンプンしていて、(言いたくなる気持ちもわかるけど)それはどうかと思いました。
そういうのをうまくかわしてほしい。

他にもココには書くまでもない小さな曇りがたくさんあって、正直式場スタッフに対して良い印象がないまま結婚式はおわりました。


これは個人の感想です



以上が、私がリュクスガーデン名古屋で挙げた正直な感想です。
本当に正直に書いているので、読んでいる方にとって不快な思いをさせてしまうかもしれません。
でも、ネットで調べると良い事ばかり出てくる式場です。
私の様な気持ちの方は少数派ですので、上記の点が「そんなことでクヨクヨしてるの?」と思った方は、ぜひリュクスガーデンをお勧めします!
なぜならゲスト受けは抜群!
式自体はとてもすばらしく、私がゲストの立場だったら感動して「ココで挙げたい!」と思うと思います。
実際そう思ってここを選んだわけですし、それについては全身全霊でオススメします!

私は昔から「結婚式=ビデオとかを徹底的に凝りたい!」という意識が強かったので、そういう気持ちの強い方とは相性が合わなかったんじゃないかなって思います。
やっぱり期待しすぎていた自分も悪かったと思うし、今では全部いい思い出です。
なので今回この記事を書くことに抵抗があり更新途絶えていましたが、「悪い事でもいいから書いてほしい」とシークレットメッセージをくださった方に感謝し思い切ってPCに向かいました。
遅くなってしまいごめんなさい。
こんな駄文ですが、誰かの参考になれば幸いです。

ブログランキングに参加しています。
面白いと思って下さったら、1日1クリックで応援してもらえると励みになります!
クリックして応援してください


▼いつもありがとうございます。 もし気に入っていただけたらソーシャルブックマークでシェアしていただけると大変励みになります。


直前でバタバタ!ウェルカムボード作り

80.jpg

式の1か月前は本当に忙しく、結婚式に対してマイナス思考だった私の気持ちに拍車がかかる。
そんな私にきをつかってくれて、「最低限のことをやってくれればいいよ」と言ってくれた旦那。
その言葉に甘えて、ホントに何もやりませんでしたw

といっても、最低限のことはやりましたけど。
いわゆる「やってもやらなくてもどっちでもいいこと」は悉く省きました。

たとえば「ブライダルエステ」とか。
たとえば「ネイルサロン」とか。(当日は付け爪にしました)
自己満足で終わりそうな事柄は、やらない作戦で行きました。
その中の一つに「ウェルカムボード」がありました。

ウェルカムボードは自己満足?



ちょうど式場の方で私たちの前撮り写真を大判プリントして額に入れてくれるサービスがあったので、それがウェルカムボードの代わりになるとの事。
だったらわざわざ作らなくていいよね?という、私の半脅しに旦那はしぶしぶうなずく。
旦那はこういう物は「一通りやりたい」タイプ。
頷きながらも、残念がっているのがわかりました。
が。私の仕事が増えるのは嫌だったので華麗にスルー。

それが式2か月前のこと。

旦那「一生に一度の結婚式。後悔したくないの!」



黙って私に同調してきた旦那ですが、式直前になると「後悔したくないから!」と主張し始めます。
やらないって決めてた2次会、格上げしたがる料理。
本当にもめにもめました。

普通の夫婦は新婦がこうなる傾向が強いみたいですが、うちの夫婦はまるで逆。
結婚式に後ろ向きだった私は結構参りましたが、それはお互い様。
結婚準備ブログさんを巡回すると「旦那が全く協力してくれない!」という話が胸に刺さる・・・
でも、結婚式前向き派の方は、結婚式で出来なかったことは一生恨むと聞いたこともあり…
私は私なりに頑張りました。

あんなにいらないって事で話がついてたのに、式前1週間くらいに「やっぱりウェルカムボードないのはおかしいと思う。」と言い出した旦那。
おい!今更か!
でも言い出すと聞かないシンデレラ症候群状態だったので、わずか1日で徹夜で書き上げました。ゲッソリ
次の日に印刷所に印刷をお願いしに行き、受け取った足で額を買いにシモジマへ。
A1サイズだったため持って帰ってくるのも一苦労・・・
ウェルカムボードについては昔作成するバイト?というか通販をしていたので経験はそれなりにありましたが、さすがにこんな短期間で作成するのは初めてで、なんだかやりきった感がありました。
やけくそw

出来た絵はこちら。
80-2.jpg
下の部分は本名なのでブログではぼかしてます。
よくみるとうさぎが2匹いて、自分たちのテーマに何とか合わせて書きました。

会場に飾るとこんな感じ。
80-3.jpg
結構大きさがあるので迫力ありました。

当日はいろんな人に可愛いって言ってもらえてうれしかったです。
「その言葉の為にがんばりました!」とやつれた顔で答えた覚えが・・・。

使用ソフトはillustratorCC
サイズはA1 
業務用レーザープリンタで出力してます。

結果的には自分達らしい迎え方が出来たので作ってよかったと思います。
が、気が変わるなら、もうちょっと早く気が変わってくれ旦那よ!w
ブログランキングに参加しています。
面白いと思って下さったら、1日1クリックで応援してもらえると励みになります!
クリックして応援してください


▼いつもありがとうございます。 もし気に入っていただけたらソーシャルブックマークでシェアしていただけると大変励みになります。


100均材料で安く作る!不器用さんでも作れるおしゃれリングピロー

手作りリングピローに使えそうな材料を100均で


ケチな私が、リングピローを手作りしました。
キット等もいろいろありますが、キットも2000円くらいかかったりするし、既製品は高いし…

不器用で飽き性な私ですが、100均で見つけた適当な材料で作ってみることにしました。
100均で購入したのは以下の物。

IMG_20150412_143014.jpg

・アームの入れ物容器
・造花(花とグリーン)
・真珠ビーズ
・リボン
・綿

あとは家にあったシルクっぽい布と、レースっぽい布を使いました。
(ウェディングドールの残り)

不器用でもできるリングピローの作り方


①まず布を容器の大きさより2周りほど大きめに切る。
 それを中表に合わせて端を縫い合わせる。その時1辺は縫わずにしておく。
4121.jpg

②縫わなかった1辺から布を折り返してひっくり返す。
 そこから綿をいれて、満杯になったら、外から最後の片を縫い合わせる。
4122.jpg

③どこにリングを置くかあらかじめ決めて、その場所に裏から針を通してリボンとビーズを縫い合わせる。
少しきつめに縫い合わせるとその部分が食い込んできれいに見えるかも。
4123.jpg

④アームの入れ物にはめ込む。レースがある場合は、クッションの下に挟むと華やかになる。
 花を切って真ん中にはさむ。不安定ならホットボンド等で固定する。
 バランスを見ながらグリーンを散らばせたら完成!
4124.jpg

そして出来上がったのがこちら

IMG_20150412_152437-(1).jpg

とっても簡単です!
作り方とは書いてますが、ほとんど見たままです。(笑)
でも、自分が思っていたより結構オシャレに仕上がった気がします!

ちなみに指輪を置いてみるとこんな感じ。
DSC_0010.jpg

リボンにかけているので、結構揺らしても固定されていてずれる心配もありません。
リングガールが持ってくる場合は、気になる点ですよね!

余った材料でウェディングドールの飾り付け


思いのほか造花材料が余ったので、先日作ったウェディングドールに飾りつけしてみました。

IMG_20150412_154555.jpg

なんかいい感じになってきました!
100均造花、恐るべし!!

今回の材料は全てセリアで購入しました。
セリアは手作りグッズが本当に豊富なので、造花も好きな雰囲気に合わせて選ぶことが出来ました。
グリーンも他の100均とは比べられないほど豊富だったので、今後も手作りする際はぜひ活用していきたいと思います。
ブログランキングに参加しています。
面白いと思って下さったら、1日1クリックで応援してもらえると励みになります!
クリックして応援してください


▼いつもありがとうございます。 もし気に入っていただけたらソーシャルブックマークでシェアしていただけると大変励みになります。


名古屋チェリッシュドゥで二次会ドレスを借りてみた

4コマ漫画
カラードレスのほうが選び甲斐がありました!

2次会くんはドレスがついていない


結婚式の2次会は2次会君に一任している私たち。
2次会くんは会場費や料理・司会や受付のスタッフ人件費などが料金に含まれており、当日は安心。
でも衣装だけは含まれていないので、自分たちで手配しなければいけません。

2次会君割引があるという事なので、私たちは名古屋の黒川駅にあるレンタルドレス店「チェリッシュドゥ」さんにお借りすることになりました。

チェリッシュドゥ来店


電話予約してお店へ。
木曜日に週末の来店予約をしたんですが、その週の土日は予約で詰まっているみたいで翌週の日曜に。
混んでいるんですね!

お店に入るとズラ―っと並んだドレス。
カラードレスとウェディングドレスが別レーンで並んでありました。
チェリッシュドゥのHPをみるとカラードレスが少ないように見えましたが、HPで見るより豊富でした。

私は披露宴では和装をするため、カラードレスは着ていません。
なので二次会はカラードレスを選ぶことに。

ウェディングドレスより楽しい!カラードレス選び


ウェディングドレスは正直みんな白いのでそんな大差なく、どっちかというと値段の方が気になった私ですが、カラードレスはいろんな色があってテンション上がりました!

本命の水色と、サーモンピンク、深緑、ゴールドをチョイス。
4色選んでホクホク笑顔の私に、旦那は
「4着選んだの?!ウェディングドレス1着目で決めたのに?」とあきれ顔。
いやー、ウェディングドレスより変わり映えあって楽し買ったです!
  ■過去記事:【アルカンシエル】ウェディングドレス選び


サーモンピンクのドレスに決定


カラードレス

結局↑のサーモンピンクのドレスに決定しました。

上の写真は座ってるところですが、ドレスが座ってもふわっとしているところが決め手でした。
二次会は座り姿が多いから、座っててもかわいいのがいいですよね。
本当は水色のドレスでアナ雪っぽくしようと思ったんですが、このフワフワ感が気に入ってしまいこちらに決定しました。

IMG_6868.jpg

旦那のタキシードは、ちょっと洒落っ気のあるブラウンのストライプを選択。
旦那は180㎝超なので、サイズがあまりなく選択肢は少なかったみたいです。
白とかは多かったですけど!

気になるお値段


気になる価格ですが、二次会用ドレスとタキシード、セットで5万円。
二次会くんの紹介料でマイナス5000円で、4万5千円でした。
他に、靴やアクセサリー、パニエなど花嫁用小物が8000円。
シャツやチーフ・カフスなどの男性小物が4000円。

全部込みで5万円強くらいでそろいました。
若干オーバーしましたが、アルカンシエルに衣装を借りても同額くらいするので、カラードレスが着られるこの選択でよかったと思います。
貸し出しは式前日から式翌日までの3日なのでゆっくり出来ていいと思います。

以上、二次会ドレスレポでした^^



ブログランキングに参加しています。
面白いと思って下さったら、1日1クリックで応援してもらえると励みになります!
クリックして応援してください


▼いつもありがとうございます。 もし気に入っていただけたらソーシャルブックマークでシェアしていただけると大変励みになります。


結婚式の招待状を、デザインから手作りしてみた

四コマ漫画
慣れない手つきで、夜な夜なリボンを作ってくれました。

結婚式の招待状は市販か手作りか


結婚式3か月前。
そろそろ結婚式の招待状を送らなければいけません(実際にはもう送ってますが)
招待状となると全員(一家に一部)に送らなければいけません。

そうなると気になるのは招待状の値段・・・

私たちのゲストは80名60世帯。
つまり60枚分の招待状が必要になります。

式場から勧められた招待状は安い物でも1部400円。高いものだと600円くらいした気がします。
確かにキャラクターがついていたり、カットが素敵だったり…値段が高いだけあるなぁとは思います。
でももちろんこんなに高額を招待状につぎ込むわけにはいきません。

そこで帰ってから、通販とかで買える安めの招待状をチェック。
通販だと本当に値段が様々!!
100円くらいから500円くらいまで…

どうせなら自分達らしく!手作り招待状


100円の市販の招待状は、種類も少ないし、なんか垢抜けないデザイン(無難なデザイン)だし、ちょっと残念な感じ。
もともと仕事でデザインDTP関係を扱っていたので、
「これなら100円で手作りした方がいいんじゃない?」と思ってしまった。

市販で売ってる高い招待状みたいなカッコイイものは作れないし、手作りだからって50円とかの破格で作れるわけではない。
でも、100円で不本意な招待状を使うくらいなら、同じくらいの値段でオリジナルのデザイン招待状を作りたい!

こうして珍しく燃えてしまい、私たちは手作り招待状という選択を選びました。

私たちらしい招待状



招待状

作った招待状はこんな感じ↑
本物載せたいんですけど、デザインの中に自分たちの本名が英字で書かれているのでイラストで^^;

私たちの結婚式のコンセプトは「うさぎ」なので、真ん中に白地のシルエットを載せてみました。
ちょうど両家でそれぞれ飼ってるうさぎがモチーフなので、ロップイヤーとドワーフのカップル。
こういう自分たちらしさが出せるのは、手作りのいいところですよね!

表紙だけじゃなくて中紙や返信はがきも作ったんですが、どれも共通したデザインで作れるのがよかったです。
(市販のだと、中紙や返信はがきはシンプルなものが多いので)
渡した友達も「かわいい!おしゃれ!」と褒めてくれました。

手作り招待状の表紙は印刷所に


デザインデータは、Adobe Illustratorで作成しました。
私は印刷物系はこのファイル一択ですが、普通の画像ソフトや、Office系のWordとかでも十分作れます!
中紙や返信はがきは家のプリンタでおうち印刷しましたが、表紙だけは印刷所へ発注。

印刷所だと、安っぽくならないし、ラミネート加工や部分艶出しなどもできて、自分で作ったと思えない仕上がりになるんです。
私たちも、表紙の加工に名前を英字でキラキラで入れました。
角度によって光るんです、ほのかなおしゃれで「手作り感」が一気になくなりました!
これのおかげで、友達には「光る名前入ってるし、もしかしてオーダー品?」と勘違いしてくれました。

印刷所にかけるときはAdobe Illustratorで作るAiファイルが一番スムーズですが、最近の印刷所はワードやパワーポイントでの入稿が多いので安心です!
もし初めて頼むなら、紙の種類が多種なのでサンプルを取り寄せた方がいいと思います!
表紙に使うならなるべく厚い(200g以上)のがいいと思います^^

細かい作業は旦那任せ


ノリノリでデザイン・発注作業をしましたが、それが終わると旦那のターン。
慣れない手つきで、夜な夜なリボンを結んだり金ひもを切って取り付けたり…

私が全然やらないからいろいろ私が嫌いなめんどくさい作業をやってくれました。
いやー、ありがたかった!

こんな感じで招待状作りは完成しました。
大変だったけど、こだわってよかったなぁと思います。
結局1部100円くらいで出来たので、最安値で納得できるものが出来てよかったです!

招待状って、ゲストにとっては貰ってから当日までずっと保管してもらう物だし、「集合時間何時だっけ?」とかで何度も目に触れる可能性のあるものです。
ある意味、これが安っぽいと全体の印象にも影響が出るかも;

ゲストに初めて送るものだから、自分達らしいものを送ることが出来てよかったなぁと思います。
こういう作業が好きな花嫁さんにぜひおすすめします!



ブログランキングに参加しています。
面白いと思って下さったら、1日1クリックで応援してもらえると励みになります!
クリックして応援してください


▼いつもありがとうございます。 もし気に入っていただけたらソーシャルブックマークでシェアしていただけると大変励みになります。


検索フォーム
QRコード
QR
ブログランキング
▼ スポンサード リンク


▼いつもありがとうございます。
もし気に入っていただけたらソーシャルブックマークでシェアしていただけると大変励みになります。