【ニトリ】新居のベッド選びで試行錯誤

家具を買いに行こう
いや、ホント何にも言ってないんですけどね!

ニトリは値下げできない


前回の家電や式場値引きから、今回も値引きを期待している方がいたらすいません。
今回は値引いてません。ニトリは値下げできないという情報が予め調べてあったので、家電選びとは打って変わって小鳥のように何も言わずにいました。
  ■過去記事:【20万値引き成功】ヤマダ電機で家電値下げ交渉してみた。


理想と現実


家電と違って、家具は本当に必要最低限のものしか買いませんでした。
お互い一人暮らしをしていたので、棚とかタンスとかソファーは買わず。(後から順々に買いなおしたりはしてますが)
この日買った大物としては、ベッドくらい。
しかしこのベッド、彼にはこだわりがあるようで。

付き合ってた頃から「マットレスはSealyがいい!!」と、幾度となく私に主張していた旦那。
知っての通り、Sealyのマットレス(クイーンサイズ)は20万くらい軽くします。
初めて値札見た時は、まさに「目玉ドコー」な感じでした。目玉ドコー(  Д )  ゚  ゚
でもしつこくしつこくしつこく主張してくるので、私自身あきらめていました。このケチな私が。
というのもマットレスなんて一度買ったら長く使えるし、結婚時だったら義母さんがお金出してくれるし。(小声)

そんな感じで売り場に行くと、やっぱりSealyに駆け寄る旦那。
旦那 「やっぱSealyフワフワ!すごいよ、高いだけある!!」
義母さん 「寝具は高くても良い物選びなさいよ。値段気にせず選びなさい。」
そんな会話をニコニコしていた旦那親子ですが、ふと私の顔を見て
旦那 「…やっぱり、違うのにする」
と言い出した旦那。

おいおい私が脅してるみたいじゃんか!

むしろ一生「Sealyがいい!」って言われるよりは、結納代わりに買っていただける今、買ってもらった方がいいんだけど。
私 「義母さんも寝具は良いのがイイって言ってくれてるし、ずっと欲しかったんだし買ってもらったら?」
と言ってみたものの、
旦那 「いや、こっちの安い方(っていっても10万くらいしたよ)でイイ!」
と謎の主張。
いつも私がケチケチしてるから、それが移ったんでしょうか。
少なくとも義母さんは思っている気がします。「お嫁ちゃんの影響でうちの息子ケチになった?」って思ってる!笑
いや、でもこれは思われてもしょうがない。空気読んで「Sealyにする」って言ってくれ、旦那!
私 「…ここでSealy選ばないと一生Sealyで寝れないよ(小声)」
旦那 「それでもいい、こっちのベッドだってフワフワだし、倍の値段は高すぎる」
ですって。
うん、ぐう正論。
でもだったら初めからそう言ってくれ!

こうして私たちはSealy以外の平均的なベッドを購入しました。

何とか家具家電そろいました


とりあえずこれで家具家電の一通りはそろいました。
一人暮らしの家具家電ってお手頃サイズですが、ファミリーサイズになると本当に高いですね!
今回旦那実家に結納金がわりに…と買っていただきましたが、とっても感謝してます。
ありがとうございます!(このブログは教えられないけどw)

そのおかげでとても良い家具家電に囲まれ、住んでいる今としては快適です!
やっぱり長く使う物には投資しないといけないなと思いました。
そしてやっぱり「あの時Sealy買わなくてよかった!」って思います。
なぜなら今度いつか買いなおす時、絶対「Sealy以外はありえない!」って主張される羽目になるので!
まぁそうじゃなくてもやっぱり次も「今度こそSealyがイイ!」って言うんでしょうけどね、うちの旦那は。
絶対買いませんw


ブログランキングに参加しています。
面白いと思って下さったら、1日1クリックで応援してもらえると励みになります!
クリックして応援してください


▼いつもありがとうございます。 もし気に入っていただけたらソーシャルブックマークでシェアしていただけると大変励みになります。


【20万値引き成功】ヤマダ電機で家電値下げ交渉してみた。

家電値引き交渉
義母さんに恥ずかしい思いをさせてしまった…

家電をまとめて買いに行く


引っ越しの家も日取りも決まったので、中に入れるものを買いに行こう!ということで、この日は義母さんにわざわざ出てきていただいて一緒に買い物。
同居ではなく二人暮らしの新居なのですが、結婚時にこちらから結納をお断りしたので「せめて結納金代わりに…」という事で、新居の家具家電をそろえていただく事になりました。
本当にありがたいです、ありがとうございました。ペコリ

つまり、(やらしい話ですが)今日のお会計は旦那実家が持ってくれるので、私が値引き交渉する必要はありませんでした。
しかも義母さんの手前だし、そんなゲスいところ見せられない!!

・・・そう思っていました。

家電はまとめて買った方が絶対お得(値引いてくれる)なので、大型家電スーパーでまとめて買うことは必須でした。
とりあえずヤマダ電機さんに行って見積もってもらいました。
しかし家電って高いですね!!
新居のモノいろいろ揃えたら、見積もりで50万でした。高い!
何も考えてなかった私たちは「家具家電合わせて50万くらいだと思う」と義母さんに伝えていたため、びっくり!!
まさか家電だけで超えるなんて…
義母さんは「それくらいかかるよ、当り前よ。大丈夫、気にしなくていいからね」(←義母さんは普段から値下げとか考えない常識人タイプです)と言ってくれてます。
しかし、ちょっとこれは・・・と思い、控えめに控えめに・・・

「これじゃ話にならないから、もっと偉い人だして」

と言ってみる。
あかん、義母さんすでにドン引き。笑
売り場の責任者の方が出てきてくださったので控えめに値段交渉スタート。

ヤマダ電機で値下げ交渉開始


「この価格では買えません。でも品数は減らしたくないし、クオリティもそんなに下げたくない」
「冷蔵庫とか洗濯機とか、機種やメーカー違っていいので同じような奴でもっと値下げできるものないですか?」
「いろいろ大変なので、どこかまとめて一つの店で買うって決めてるんです」
「とりあえず見積もり書持って他の家電量販店回るんで、限界まで最安値にした見積もり書ください。」
「それより1円でも安く他が見積ったらもうここへは戻ってこないので、限界まで安く作ってください」

みたいな内容をお願いしたら、するすると値段が落ち、結局最終見積もりはさっきと同じクオリティ(機種とかは変わったのもあるけど)で、計30万円にしていただきました。
おお。20万も下げてくれた!
そしてここでサインはしません。言った通り、他の店も見てきました。

その前に一応私なりにさっきの発言を説明させてください。
なんせこのサイト、「結婚式 値下げ交渉」で検索して来てる人が後を絶たないんです。笑
そんなサイトに作った覚えはないんですが、もうこうなったら見てくださる人の為に語らせてください。

まとめ買いの時に使える魔法の言葉


ひどい値下げをしたように聞こえますが、私はそんなに言葉数多く値下げはしません。
おしゃべりや要求が多いとウザがられます。
値下げ交渉はコミュニケーションの一つなので、ウザがられては元も子もないと思っているので、必要な言葉いくつかだけでお願いしてみます。
ただし、メーカーや機種にこだわりがある方には使えません。
あくまでも出した条件の中でベストなものを店側にチョイスしてもらおう、くらいの気持ちの方にしか頼めませんが、きっと役に立つ言葉なのでメモしときます。
今回私がお願いしたのは、さっきあげた4つ。

①「この価格では買えません。でも品数は減らしたくないし、クオリティもそんなに下げたくない」


これはまとめ買いの時にしか言えないけど、言っておくべき主張です。
ただ安くするなら、人気が一番なくて売れ残りのものを回されてしまいます。
買ってみてから「二人でぎりぎり使えるサイズだから子供出来たらもう使えない!」とかでは困ります。
初めに私たちにあった物を提案していただいているので、それに沿ったものがいい。
でも値段は下げたい!こんなんじゃ買えんよ
そんな思いを伝えられる魔法の言葉です。笑

②「冷蔵庫とか洗濯機とか、機種やメーカー違っていいので同じような物でもっと値下げできるものないですか?」


これは意外に効きます。
店側が初めに出してくれる見積もりの商品チョイスは、あくまで「お客様に合う商品」の中で一番「最新商品」で、その中でも「店側に一番利益が高い商品」です。
さっきの言葉通り「お客様(私たち)に合う商品」であることは大変ありがたく、重要な事です。
でも「最新商品」であることは別に重要じゃない。
ましてや「店側に一番利益が高い商品」なんて、とんでもない!

最新じゃなくて型落ちした一つ前の型でも十分最新のようなものです。
家電は季節の節目ごとに(種類によるみたいですが)新しい商品をだしますので、型落ちといっても消して古いものではありません。
半年早く引っ越したと思えば苦はないと思います。

あと騙されがちなのは、表示価格。
たとえば15万円と17万円の洗濯機があったら、15万円の洗濯機に絞って値下げ交渉したほうがいいとおもいませんか?
でも実際はそうでないことも多いです。
15万円の洗濯機は限界まで下げても14万円だけど、17万円の方は13万5000円まで値下げられる…そんなこともあります。
これは社内規定だったり、メーカーとの契約などもあると思うので私は詳しいことはわかりませんが、店側には表示価格とは関係なく「値下げしやすい商品」というものが必ずあります。
なので、この魔法の言葉のように「値下げできるものないですか?」という聞き方がベストだと思います。

③「いろいろ大変なので、どこかまとめて一つの店で買うって決めてるんです」


これはある意味、まとめ買いの時にしか使えない究極の脅しです。
言い換えれば「100 or 0」という事です。
「冷蔵庫はここが安いから買うけど、エアコンは高いから隣の店で買います!」っていう買い方ではそこまで安くしてくれません。
なぜなら「冷蔵庫買ってくれるんだから、エアコンは無理して下げなくても他当たってくれればいいわ」と思われてしまうからです。
賢い買い方をしているようで、足元見られてしまいます。
せっかくまとめ買いなら、この魔法の言葉で脅してください。笑
契約が決まれば一気にまとまったお金(ウン十万)が売り上げになるけど、油断するとゼロになってしまう。
そんなリスキーな状況な方が、限界まで下げてくれます。

④「とりあえず見積もり書持って他の家電量販店回るんで、限界まで最安値にした見積もり書ください。
その見積もりより1円でも安く他が見積ったらもうここへは戻ってこないので、限界まで安く作ってください」


これも脅しです。笑
最終見積もり出す手前でこれをお願いしてください。
本来、めんどくさくても何店舗か量販店は回るべきです。
他店の見積もり書を持ってこれば、それより安くしてくれるように努力してくれます。
なので1店舗目から「限界値」を出してもらい、それを印籠のようにして他店をまわってください。
めんどくさいけど、値下げするにはとっても重要な作業だと思います。

結局ヤマダ電機。だけどもうひと押し


話はさっきの時間軸に戻りますが、他にも何店舗か違う店に行き、ヤマダ電機の見積もり書をみせて「これより安くできませんか?」と交渉。
でも、どこも「これ以上はできません。うちの店では対応できません」というお言葉。
それほど限界値まで下げてくださってたんですね、ヤマダ電機さんに改めて感謝。

そして再び来店し、担当者にお礼。
「こんなに下げてくれるのはここしかないって、他の店行って気づきました。ありがとうございます。」
そう伝えると担当者さんも満足げ。
「で、さっきの見積もりのままで結構なので、
この値段のまま32型TVつけてください。そしたら買います。
といったら度肝抜かれたような顔をされていました。
たしか総額33万円だったのでキリよく30万円にならないかってお願いしたら断られて、それで「じゃあ33万円でいいから、この3万円の32型TVつけて」って言いました。
するとすごーーーく悩んでましたが、もう吹っ切れた感じで
「わかりました、つけましょう!」
と言って下さりました!!
ありがとうございます、ヤマダ電機さん!
もう値下げ交渉されたくないのか、すぐさまレジに回されましたw
本当に感謝してます。


ここまでやって思い出したけど、これ私のお金じゃないからここまで値切る必要なかったんでしたわ。
値切って喜んでる私の後ろで「本当にすいません、ホントすいません」といっていた義母さんをみて少し胸が痛くなる。

店から出て「今度から何か買うときはスウちゃんにお願いしなきゃね」って言ってくれたんですが、
あれから半年たちましたが呼ばれることはありません。笑


ブログランキングに参加しています。
面白いと思って下さったら、1日1クリックで応援してもらえると励みになります!
クリックして応援してください


▼いつもありがとうございます。 もし気に入っていただけたらソーシャルブックマークでシェアしていただけると大変励みになります。


どこより安く!引っ越し業者に見積もってもらうコツ

引っ越しや値下げ交渉
旦那 「あんた、鬼や・・・」

引っ越し見積もりしてもらう



引っ越しについては旦那のほうがノリノリだったため、新居が決まってすぐ旦那に任せて見積もってもらうことに。
そしたらよくわかんないけど「引っ越し侍」的な価格比較サイトに登録した旦那。
だめじゃん、そんな個人情報ばらまき系サイトに登録しちゃ・・・
という間もなく、旦那の携帯に鳴り響く電話の嵐。。。

どうやらあの手のサイトに登録すると、何社もの営業電話が一気に鳴り響くようです。
そうとは知らず、鳴りやまない電話に困り果てている旦那に代わり私が電話に出ることに。

あまりに電話が多いので、「私の家の荷物と彼の家の荷物。2家分を新居に運んで、全部含めて4万円で出来ますか」と無茶を言ってみる。
そこでほとんどの業者が電話を切ってくれました。
「4万円って…一家分の価格ですよ!それで二家分なんてできません!」と捨て台詞も言われましたw
そうだよね、たしかに鬼畜かな。でもここはやり始めたし貫きたい。

結局何十社かかってきた中で、その脚きりにかからなかったのは2社のみ。
どちらも大手のB社さんとC社さんに絞ることになりました。

まず「あと3時間くらいしたら伺います」と言ったC社より、「スグ行けます!」といってくれたB社さんを先に招き入れることに。
この時点で決まったようなものですね、やっぱり営業はレスポンスが大事だと痛感しました。

家に招き入れると、B社さんがもう決まったものという顔で「2家で破格の4万円で見積もらせていただきます!」とおもむろに契約書を出してきました。

しかしそんな簡単にはサインは上げられない。

先ほど3時間後に伺うと言ったC社に電話し、「今B社さんが、おたくと同じ価格(4万円)でどうかって言ってくださっているんですが」と相談。
するとB社営業マン、「3時間まってくれたら3万5千円にします!」と交渉。
おお、下がった。
「・・・って言ってるんだけどどうかな。」と目の前にいるB社さんに脅してみると聞いてみると、
「・・・わかりました。3万円でやらせていただきます」
ここでやっと、納得の契約サインを書くことが出来ました。

引っ越し業者同志に闘ってもらった


今回私はなにも難しいことはしていないんですが、勝手に業者同士で戦って下さり勝手にどんどん安くなっていったという感じです。
なるべく感じ悪くならないようにフレンドリーに接したら「こちらも楽しくなってきました!」と営業マンに言われる始末。

契約後教えていただいたんですが、どうやら見積もった日が「月末」だったことがポイントみたいです。
その日は7月31日で、通常営業マンは月単位でノルマを課せられているらしく、月末の営業マンはたとえそれがほとんど黒字にならなくても契約がほしいみたいです。
ノルマっていうと総金額のイメージが強いですが、引っ越し業者さんによっては契約件数(個々の価格は抜きで)だったり、見積もり契約確率(見積もった数に対しどれだけ成約したか)など様々みたいです。
B社の担当さんは契約確率で競っているみたいで、一度見積もりを出したお客様は何が何でも成約したい!らしいので、今回こんなに値切っても対応してくれたみたい。
申し訳ないです、ありがとうございました!

そんなこんなで着々と引っ越しの手続きを終えていきました。
旦那からは「ホント鬼だね」と言われましたが、聞こえないふりして荷物の整理を始めましたw


ブログランキングに参加しています。
面白いと思って下さったら、1日1クリックで応援してもらえると励みになります!
クリックして応援してください


▼いつもありがとうございます。 もし気に入っていただけたらソーシャルブックマークでシェアしていただけると大変励みになります。


ゼクシィには載っていない!結婚式場で使える値下げ交渉の4つのコツ

エルダンジュ【AILE d'ANGE】のブライダルフェア4コマ漫画
基本イエスマンなので。

結婚式場で使える値下げ交渉


長く続いた私たちの式場選びですが、今日は式場の値下げ交渉に使える方法をまとめたいと思います。
過去に3会場のフェアレポをかきましたが、実際にはそれ以外のフェア・スマ婚・ゼクシィナビなどいろいろハシゴして会場を決めました。

その中で使えた結婚式場で使える値下げ交渉をまとめます。

私はこの方法で100万ほど値下げ(及びサービスプラス)をしてもらえました。

    ■過去記事参照■
  • アルカンシエル名古屋さんのウェディングフェア
  • サーウィストンホテルさんのウェディングフェア
  • マリエカリヨン名古屋さんのウェディングフェア



    • その① 「今週絶対決める!」という購買意欲をアピールする



      家電製品と同じで、「購買意欲のある客」にはかなり値下げしてくれます。
      (もちろん社内規定により特別な値下げができない会場やサービスはあるので、そこは式場スタッフの気持ちを考えてあげてください)

      私たちは事実、この週までには式場を決める!という明確な気持ちがあったのでこの条件を提示しました。

      前会場の見積もりに満足していたので、それよりコスパが出せないならお互い戦う必要はないかなと思っての良心です。(なに様w)

      前会場(一番コスパがいい所)の見積もりを見せて、「これより良くないと選ばない。けどこれより良ければ即日契約する」と言いました。
      その結果、値段はグンと低い見積もりを作ってくださりかなり素敵な価格に!
      これは他会場の見積もり提出がなければ実現しなかった価格帯だったと思います。



      その② 値切る時は感じ良く



      値切ると言っても相手も人間です。
      いきなり「値切って値切って」では、あちゃーな客です。痛い客ってやつです。

      ブライダルフェアでは見積もりまでにスタッフの方とコミュニケーションをとる時間が豊富にあります。
      その時間から「気さくなさっぱりした人間」であることをアピールしました。

      「高いよー、値段下げれない?頑張って~^^」というセリフを言えるスタンス・関係性を短い時間で築くことが大事だと思います。

      スタッフの方から「お二人にはぜひここで式を挙げてほしいので、もう少し値下げれるように上司に相談してきます!」と言って下さったこともあり(しかも本当に大幅に下がったw)、それはとてもうれしかったです。

      その③ 値下げだけじゃなく、サービス特典に力を注ぐ



      この方法もその②と同様、他の会場の(しかも一番サービス特典が多い所)の見積もりを使います。
      値段を下げるという事は会場にとってかなり負担。
      ですので下げられる限度もありますし、式場ごとにノルマもあると思いますのである一定の価格からは下がらなくなります。

      そんな時は無理に値下げを交渉するのではなく、他の会場でつけてもらったサービスを付けられないか交渉してみるのも手です。

      たとえば私はマリエカリヨンさんで「東海三県のどこにでもバスを往復チャーター」というサービスを無料でつけていただきました。
      それがすごくすてきだったので次の会場で「こんなのマリエカリヨンさんはしてくれるんだけど…チラ」ってやってみた結果、「カリヨンさんに負けてられないので…」と、特別に無料サービスしてくださいました。

      それだけで実質8万円! 

      その④ 値下げをたのしむ



      これはコツではないかもしれませんがもっとも重要かもしれません。

      値下げ交渉して申し訳ない」という気持ちでは、なかなか値下げはうまくいきません。

      「値下げして当然でしょ?」という気持ちでは、当然門前払いです。

      やはり「どうしてもここで挙げたいから、値段がんばってください!」という気持ちが大事だと思います。

      スタッフさんは経営者ではないので、他より安くしていただくにはそれなりに上司の方と戦っていただかなくてはいけないこともあるはずです。

      戦ってもいい!と思ってもらえるように、スタッフさんの味方になる気持ちで楽しんで交渉してみたら、たとえうまく下がらなくてもいい時間になると思います。

      結婚式場で使える値下げ交渉まとめ




      以上が結婚式場で使える値下げ交渉です。

      あくまで私の体験談による見解ですので間違ったこともあると思いますし、会場によっては個人単位での特別割引を一切行っていないところも多々あります。

      そこはマナーと常識の範囲でw 一緒に結婚準備ライフを楽しもうと思います! 

      ブログランキングに参加しています。
      面白いと思って下さったら、1日1クリックで応援してもらえると励みになります!
      クリックして応援してください


      ▼いつもありがとうございます。 もし気に入っていただけたらソーシャルブックマークでシェアしていただけると大変励みになります。


検索フォーム
QRコード
QR
ブログランキング
▼ スポンサード リンク


▼いつもありがとうございます。
もし気に入っていただけたらソーシャルブックマークでシェアしていただけると大変励みになります。