リュクスガーデン名古屋で結婚式を挙げた感想~イイこと・悪いこと~

散々迷って決めた式場「リュクスガーデン名古屋」



結婚式が終わって、もう半年近くたってしまいました。
以前の記事を見ていただくとわかる通り、式場選びから数えると本当に長い道のり。
何か所もウェディングフェアに参加し、散々値切った挙句に選んだのは、一切値切りが効かない「リュクスガーデン名古屋(当時はアルカンシエル名古屋)」。

では実際に式が終わって、私たちが正直に思うこと。
それを今日は書いていこうと思います。

正直、イイことばかり書くことはできません。
それは私が結婚式で引っかかることが多々あって、あまりいい印象がないまま結婚式を終えたからです。
(もちろん当日に大きなミスや失態もなく、一通り式は大成功しています。ご安心ください;;)

ただこの場を借りてグチグチ言うのは違うかな…と思い、更新できずにいました。
私たちも他の会場で式を挙げた訳じゃないので、リュクスガーデンさんが特別だったわけでもないのかもしれない。
そんな思いで書くことを意識的にやめていました。
何度もコメントをいただいて、「式当日について書いてください」という嬉しいコメントもいただきました。
ゆえに、後ろ向きな意見を書いていいのか・・・と悩んだ次第です。

でも、最近シークレットコメントをいただき「悪いことでもいいので、教えてください。」と、現在リュクスガーデンさんで検討していらっしゃる方からお言葉がありました。
私もはっとして、「自分が式場選びしていた時に知りたかった情報を、共有することは悪いことじゃないんじゃないか」と思いなおし、今回記事にすることに決めました。

リュクスガーデンを選んで後悔した点



先に言葉を添えさせてください。
この記事に書かれていることは私たちの個人的な感想です。
会場で働いている方や、同じ会場で円満に式を終えた方には大変失礼な内容も含まれるかと思いますが、あくまで個人的な見解です。
リュクスガーデンで式をされたほとんどの方が大満足されておりますので、その方々のブログ等も十分に観ていただき、意見の偏ることのない様よろしくお願いします。


ではさっそく、一つずつピックアップさせていただきます。

①価格と自由度は比例しない



大変ケチな私たちが最終的に選んだリュクスガーデン名古屋。
「相場より高い」のは承知の上で、選択しました。
でも価格は高くなっても「自分たちの思っている様な式を自由に作ることが出来るのはココだ!」と思ったからココを選びました。
なので多少高くなりましたが、そこには何も文句はありません。

ただ、価格に比例して「自分たちの思っている様な式を自由に作ることが出来る」というのは、自分たちの思い過ごしでした。

このリュクスガーデンは全国展開している大手式場だけあって、マニュアルもきちんとしていてスタッフさんも一流のサービスを学んでいらっしゃいます。
ただその分、夫婦の「○○したい!」に応える範囲も制限がありました。
もちろん代案を出してくれることもありましたが、「そういう決まりなので…」と断られることも多々ありました。


そして著作権にすごーく厳しい。JASRAC関連の人が上層部にいるの?って思うくらい厳しいです!
そのおかげで、ビデオ等の制作物に多大な制限がかかりました。
それについては次の項目で詳しく載せてきますね。


②他式場より著作権に厳しい故に、制作物に制限がかかる



全国展開している式場だからでしょうか。
ものすごく著作権に厳しいです。
(ここまで厳しくなったのは2015年1月あたり?からだと思います。少なくともそれ以前に挙げた方は問題なく使えたという話を聞きました。)
気にならない方にはあまり引っかからない点なのかもしれませんが、ビデオ作製などを楽しみにしていた私にとっては、この点だけで「なんでこの式場を選んでしまったんだろう」と後悔しっぱなしでした。

例えば音楽利用。
結婚式では入場曲を始め、ケーキカットBGM、途中退場BGM、再入場曲、花嫁の手紙BGM、エンディングBGM…等、いろんな場面で音楽を使用します。
これを選ぶの結婚式の醍醐味で、私たちも楽しんで試行錯誤しながら選択していました。

しかし、式契約から半年たってからの打ち合わせで(式半年前)に初めて「使用する曲は著作権の関係で、CD原本がないと流せません。」との事。

つまり、「CD-R」に焼いたCDではダメ。
CD販売していないような曲は流せない。
ちゃんと公式サイトで買った「MP3」等の正当なデータでもCD原本がないからダメ。
編集したダイジェスト版を流すことも、もちろん不可能。


という事です。
つまり、10曲使うなら、10枚近いCDを持参しなければならない。
曲の途中から(例えばサビから)流したい場合などは、秒数を伝えてスタッフさんに手動で当日スタートさせて貰うしかありません。(しかも下手でしたw)

この話を聞いたとき、「今時CDなんか持ってないから1枚1枚買わなきゃいけないって事?!」となり、すでにやる気をなくしました^^;
「せっかくの式だから、自分達らしい曲を選ぼう!」と意気込んでいたのに、「10枚も買えないから、オムニバスCD買ってその中から選ぶか…」と、意識もダウン。



とはいえ、ここまではまだ許せます。

問題は「ビデオにも同じような事が言える」事。
つまり、ビデオの音声に含まれる音楽もCD原本を用意しなければならない。
さ ら に !
いくらCD原本を持っていたとしても、ビデオの中に組み込むことは一切許されない
当日ビデオを流している横で、CDプレイヤ―からCDを流す事しか許されない。という事です。

普通、生い立ちビデオなどの自分たちが制作するビデオは、BGMも組み込んだ形で制作します。
だから、シンプルな作りで作った方はCD後乗せするのでも十分だと思いますが、長めのビデオを作成されたり凝ったりする方は2曲以上使うと思います。
そんな時も、ビデオの映像に合わせて曲を合わせたりつなげたりしたいと思いますが、それもできません。
簡単なつなぎなら音声のスタッフに頼むこともできますが、それも手動なのでつなぎは下手です。
例えば私たちのビデオは前半(生いたち部分)と後半(なれそめ紹介)で曲を買えるようお願いしたのですが、CDを変える作業が手動なため、後半部の冒頭は10秒くらい無音だったようです。。。(ゲスト談)

些細なことかもしれませんが、作り手としてはすごく微妙な結果となりました。
もちろんこの著作権、音楽だけでなく映像にも厳しいので、結婚式でよくある「ディズニーのアニメ映像や冒頭映像」などを使う事なども当然禁止されています。


著作権については難しい問題なので、一概に「式場がわるい!」とは言えません。
むしろ国目線で言えば式場の方が正しいのかもしれません。
でもMP-3でも公式にアーティストにお金を払っているのでCDと同等なはずだし、CD購入者でもビデオBGMに組み込んではいけないというのは納得がいきません。
結婚式での音楽は個人使用の範囲ではないとの主張ですが、あくまで結婚式は披露パーティーであって利益目的でもありません。

同じ時期(2015年8月)やそれ以降に他会場で式を挙げた方々全員(わたしの周りだけなので正確なデータではございません)がそのような著作権における制限もなくビデオ作製・BGM選びはしておらず、自由に選択をしているようでした。
そんな話を聞くと、「私もリュクスガーデンじゃなかったら…」と思ってしまったのは仕方がないんじゃないかなって思います。


この話をウェディングフェアで聞いていれば納得できたと思います。(それ以前にこの式場を選ばなかったでしょうけど。)
でも聞いたのは契約後半年たって、式前半年になってから。
いまさら言われても…というと、私たちが契約した時はそのような決まりはなかったとの事。
つまり、「早めに契約したばかりに、その待ち期間に新しい約束事が追加したので、それも当然守ってね★」という事。
そんなのアリですか?!
せめて契約時に説明していない(というかその時はそもそもなかった)場合は、代案策(例えば別料金でもいい。極論)を立ててほしかったです。



③担当者が各部門ごとに変わる→最高担当者は??



最後はさらっと。
他の会場ではプランナーさんが親身になっていただき、式が終わってから感謝感謝で…という話はよく聞きます。
でも私たちにはそれがなかった。

なぜなら、毎回担当者が違うからw
もちろんプロデューサーと呼ばれる、式の担当者はいます。
でも、なんというか窓口になってくれているだけで、「いつも相談に乗ってくれる」とかではないです。
担当者が各部門にいらっしゃるので、そこがこの式場の強みなのかもしれません。
でも、その各担当者同士の伝達もうまくできているとはいえず、何度も同じことを伝えなければいけない、という事も。。。

それも仕方がないかな?と思ってはいましたが、こんなこともありました。
前撮り撮影の日に写真データの受取日について問い合わせた時、カメラマンから「明日か明後日には送ります。」と言われました。
その言葉を言われたこと自体は確実で、双方の母(前撮りに来ていた)も聞いていました。
女3人で「そんなに早い対応してくれるんだね――!」と感動していたので、確証しています。

しかし、待てども来ない。
初めは「そんなに早いってことは、メールかな?」と思い毎日PCメールをチェック。
でも来ない。
もしかしてポスト郵送かな?と思ってポストを待ってみる。
でも来ない。
1週間たったので、もしかして違うメアドに送ってくれてるかも?と思ってプロデューサーに電話で問い合わせたところ、まだ送ってないとの返事。
おいおいと思って、「ずっと待ってたんですけど…」というと、「そもそもそんなに早くは送れないです。カメラマンもそんなこと言っていないと言っているので、お客様の勘違いかと思います」と言われてしまいました^^;
おいおいおいおい。

こちらは複数人聞いているんですけど。。。。
百歩譲ってこちらの聞き間違いだとしても、そんな言い方されるとカチンと来ちゃいます。
言いたくないけど…客である私たちの言葉を疑い、同僚をかばっているのがプンプンしていて、(言いたくなる気持ちもわかるけど)それはどうかと思いました。
そういうのをうまくかわしてほしい。

他にもココには書くまでもない小さな曇りがたくさんあって、正直式場スタッフに対して良い印象がないまま結婚式はおわりました。


これは個人の感想です



以上が、私がリュクスガーデン名古屋で挙げた正直な感想です。
本当に正直に書いているので、読んでいる方にとって不快な思いをさせてしまうかもしれません。
でも、ネットで調べると良い事ばかり出てくる式場です。
私の様な気持ちの方は少数派ですので、上記の点が「そんなことでクヨクヨしてるの?」と思った方は、ぜひリュクスガーデンをお勧めします!
なぜならゲスト受けは抜群!
式自体はとてもすばらしく、私がゲストの立場だったら感動して「ココで挙げたい!」と思うと思います。
実際そう思ってここを選んだわけですし、それについては全身全霊でオススメします!

私は昔から「結婚式=ビデオとかを徹底的に凝りたい!」という意識が強かったので、そういう気持ちの強い方とは相性が合わなかったんじゃないかなって思います。
やっぱり期待しすぎていた自分も悪かったと思うし、今では全部いい思い出です。
なので今回この記事を書くことに抵抗があり更新途絶えていましたが、「悪い事でもいいから書いてほしい」とシークレットメッセージをくださった方に感謝し思い切ってPCに向かいました。
遅くなってしまいごめんなさい。
こんな駄文ですが、誰かの参考になれば幸いです。

ブログランキングに参加しています。
面白いと思って下さったら、1日1クリックで応援してもらえると励みになります!
クリックして応援してください


▼いつもありがとうございます。 もし気に入っていただけたらソーシャルブックマークでシェアしていただけると大変励みになります。


直前でバタバタ!ウェルカムボード作り

80.jpg

式の1か月前は本当に忙しく、結婚式に対してマイナス思考だった私の気持ちに拍車がかかる。
そんな私にきをつかってくれて、「最低限のことをやってくれればいいよ」と言ってくれた旦那。
その言葉に甘えて、ホントに何もやりませんでしたw

といっても、最低限のことはやりましたけど。
いわゆる「やってもやらなくてもどっちでもいいこと」は悉く省きました。

たとえば「ブライダルエステ」とか。
たとえば「ネイルサロン」とか。(当日は付け爪にしました)
自己満足で終わりそうな事柄は、やらない作戦で行きました。
その中の一つに「ウェルカムボード」がありました。

ウェルカムボードは自己満足?



ちょうど式場の方で私たちの前撮り写真を大判プリントして額に入れてくれるサービスがあったので、それがウェルカムボードの代わりになるとの事。
だったらわざわざ作らなくていいよね?という、私の半脅しに旦那はしぶしぶうなずく。
旦那はこういう物は「一通りやりたい」タイプ。
頷きながらも、残念がっているのがわかりました。
が。私の仕事が増えるのは嫌だったので華麗にスルー。

それが式2か月前のこと。

旦那「一生に一度の結婚式。後悔したくないの!」



黙って私に同調してきた旦那ですが、式直前になると「後悔したくないから!」と主張し始めます。
やらないって決めてた2次会、格上げしたがる料理。
本当にもめにもめました。

普通の夫婦は新婦がこうなる傾向が強いみたいですが、うちの夫婦はまるで逆。
結婚式に後ろ向きだった私は結構参りましたが、それはお互い様。
結婚準備ブログさんを巡回すると「旦那が全く協力してくれない!」という話が胸に刺さる・・・
でも、結婚式前向き派の方は、結婚式で出来なかったことは一生恨むと聞いたこともあり…
私は私なりに頑張りました。

あんなにいらないって事で話がついてたのに、式前1週間くらいに「やっぱりウェルカムボードないのはおかしいと思う。」と言い出した旦那。
おい!今更か!
でも言い出すと聞かないシンデレラ症候群状態だったので、わずか1日で徹夜で書き上げました。ゲッソリ
次の日に印刷所に印刷をお願いしに行き、受け取った足で額を買いにシモジマへ。
A1サイズだったため持って帰ってくるのも一苦労・・・
ウェルカムボードについては昔作成するバイト?というか通販をしていたので経験はそれなりにありましたが、さすがにこんな短期間で作成するのは初めてで、なんだかやりきった感がありました。
やけくそw

出来た絵はこちら。
80-2.jpg
下の部分は本名なのでブログではぼかしてます。
よくみるとうさぎが2匹いて、自分たちのテーマに何とか合わせて書きました。

会場に飾るとこんな感じ。
80-3.jpg
結構大きさがあるので迫力ありました。

当日はいろんな人に可愛いって言ってもらえてうれしかったです。
「その言葉の為にがんばりました!」とやつれた顔で答えた覚えが・・・。

使用ソフトはillustratorCC
サイズはA1 
業務用レーザープリンタで出力してます。

結果的には自分達らしい迎え方が出来たので作ってよかったと思います。
が、気が変わるなら、もうちょっと早く気が変わってくれ旦那よ!w
ブログランキングに参加しています。
面白いと思って下さったら、1日1クリックで応援してもらえると励みになります!
クリックして応援してください


▼いつもありがとうございます。 もし気に入っていただけたらソーシャルブックマークでシェアしていただけると大変励みになります。


【結婚式】アルカンシエルで前撮り②【リュクスガーデン名古屋】

前撮り和装
次の日、筋肉痛でした

和装のヘアセットは日本髪っぽく


昨日の記事の続きで、今日は和装の前撮り撮影について書いていきます。
まずはドレスの時と同じでヘアセットからしていただきます。

最近は成人式でも結婚式でも和装に洋髪を合わせるのが流行りですが、私はあえて和髪でいこうと決めていました。
洋髪も素敵だと思うんですが、私たちの式はゲストに年配の方が多いので、着物を楽しみにしてくださってる方が多いんです。
その年齢層だと、今風の洋髪と着物に違和感を感じてしまうんだとか。。。

せっかくなので、親族のおじいちゃんおばあちゃん層に「きれいな花嫁さん」という印象をもっていただきたいため、和髪を選択しました。
それが母の望みでもあったので、親孝行の要素もあるかな?

さすがプロ!イメージ通りのヘアチェンジに


そんなイメージをもって前撮りに来たものの、具体的なイメージ(画像とか切り抜きとか)ないままだったので、髪をまとめていただきながら、母と論争。

私 「どんなのがいいの?」
母 「どんなのでもいいけど、うなじがきれいに出て…横に盛ってもらった方がいいわよ、あなた面長だから」
私 「カチーン!(私が面長馬顔なのを気にしてるの知っててそんな言い方する!)」

とか親子論争勃発でした。そんなの家でして来いって感じですよね。
結局あーだこーだ言ってる私たちにしびれを切らし「ちょっと任せてもらっていいですか?」とメイクさんがリード。

とりあえずこんな感じはどうですか?と作っていただいた髪型。
両横と上にスキ髪を使って盛って下さり、簡単な日本髪みたいな髪を作ってくれました。
丁度、サイドのおろし髪がないあんみつ姫みたいな髪かな?

これには私も母もうっとり。
さすがプロです。私たちのごちゃごちゃな意見をまとめてくださいました。

「これ!これでお願いします!!」
そういうとにっこりして、一度作った髪型をほどいて再度作り直してくださいました。
さっきのでも十分素敵だったのですが、きっちりきれいに作り直してくれて大変満足。

頭につける花は、造花ですけどつけ放題で3000円とのことだったのでそれをお願いしました。
当日は気に行ったものを持ってきてもいいとの事だったので、いくつかこちらでも用意してみようと思います。

まるで布団!色打掛の重圧


長くかかったヘアメイクも終わり、いよいよ着付けです。
着付けは専門の着付け師さんが来ていただき、手際よくどんどん着せていただきました。

普段は年に一回浴衣を着るくらいなので、ちゃんとした着付けを見るのはすごく新鮮です。
成人式の時の振袖もすごく重厚でしたが(あれは特に帯が複雑ですよね)、色打掛は下に着る白い着物も分厚い!
補正をきっちりしてくださっているのでキツクないのは助かりました。

最後に色打掛を着るのですが、これが布団みたいに重い!
ずっしり重みがのしかかり、顔が引きつってしまいました。

やっぱり花嫁さんは和髪がいい


すべて着つけてもらって鏡を見ると、THE花嫁さんな自分が。
やっぱり日本髪風にしてもらってよかったなと思いました。

私は成人式の時も日本髪をしてもらっているんですが、その時は「みんなかわいい洋髪だから、古臭くないかな?老けて見えないかな?ダサいとか言われそう」と、少し思っていました。
でも予想に反してウケがよく、普段めったに褒めてくれなかった小学校時代の友達も「スウちゃん美人になったね」と言ってもらえました。(しかし着物マジックなので、その夜の同窓会では真逆の事言われましたが。笑)
同級生より、同席していたママ世代にいっぱい褒めてもらいました。
これ何度もこのブログで言ってるけど、これしか言うことないんです、すいません。うれしかったんですw

22歳の時の卒業式の袴では、成人式の時にできなかった「洋髪」に挑戦。
でもなんだかありきたりというか…全然似合ってなかったんです。
個人としてみれば別にどっちも変わらないのかもしれませんが、みんな洋髪にしちゃうこんな時代だからこそ、和髪をお勧めします^^

旦那のお祖母ちゃんも、「洋髪だと花嫁さんって感じはしないわねぇ」と言っていたので、ゲストに年配の方が多い時は喜ばれると思います!

和装の撮影は体力いります!


そんなこんなで着替えが終わって、旦那とご対面。
すでに待ちくたびれて眠たそうですが、最後のラストスパートです!

ちなみに旦那は黒い着物にストライプの袴にし、かなり格式高い袴スタイルです。
プラスオプションで、旦那の家の家紋を付けていただきました。これもおじいちゃんたちが喜んでくれそう。

ドレスではチャペル・チャペル階段で撮影したので、今度は披露宴会場へ。
そこでまずフォーマルフォトから撮影してきます。

ただこのフォーマルフォト。
めちゃポージングがきついんです!!

ただでさえ着物が重いのに、無理があるポーズを強要されますw
腕の角度から、手の位置、指先の位置まで・・・
さらに着物の見せ方もかかわってくるので、見えない位置でクリップで止められ固定されます。
すごい!一歩も動けない!!

そんな状態で何枚も撮影されます。
旦那はそこまで指定ないので、横で楽そうにしてました。
本当に限界のところで撮影が終わり、やっと解放。

その後、座ってフォーマルフォトっぽい物も。
やっぱり座ってのポーズは楽です~
和装


その後はラフな撮影になるのですが、それでも着物はポーズ固定が多い!
まさかこんなに大変だとは思わなかったので、撮影が終わったときは安心しました。

前撮りのデータは3日後に届く


これで前撮りの全行程レポは終わりです。
昨日から引き続き見ていただいた方は長々読んでいただきありがとうございました。

この写真は当日の写真と合わせてアルバムにしていただくのですが、印刷物にデータを使いたいので私たちはデータもお願いしました。
データの受け取りについては、お急ぎでないのなら次回来た時にもらえるみたいですが、急ぎの場合は郵送で送っていただけるとの事だったのでお願いしました。

せっかくきれいに撮ってもらったので、印刷物やペーパーアイテムなどに活用できればと思ってます^^



ブログランキングに参加しています。
面白いと思って下さったら、1日1クリックで応援してもらえると励みになります!
クリックして応援してください


▼いつもありがとうございます。 もし気に入っていただけたらソーシャルブックマークでシェアしていただけると大変励みになります。


【結婚式】アルカンシエルで前撮り①【リュクスガーデン名古屋】

結婚式前撮り
カメラマンの言うがままに密着させられます

前撮りは一日がけ


フォーマルフォトだけならすぐなのかもしれませんが、私たちは前撮りを含むアルバムをお願いしていたので、前撮り撮影は6時間くらいかかりました。
朝10時に集合すると、すぐ新婦だけ衣装室へ。新郎はとりあえず待機で、花嫁の準備が整う時間に合わせて呼出しされます。
新郎は、前撮り日はとにかく待たされます。
これから行く人は、携帯の充電器とか携帯型ゲームを用意してもいいかも。

ヘアセットにワクワク!楽しい着替えタイム


一日待ち時間ばかりの新郎に比べ、新婦は休む間もなくヘアセット&お着替えタイム。

こんなに髪の毛をクリンクリンにしたり、お花をつけまくっても許させるのは、結婚式と成人式くらいしかありません。
かわいくしてもらえるという事にワクワクしながら、大きな鏡台の前でセットしてもらいました。
ちなみに、私の母も来てくれたので一緒に準備室にいてもらいました。

まずはメイクから。
厚化粧していただくので、普段カッサカサの私の肌を入念に保湿してくださるメイクさん。
相当乾燥していたからか、コットンパックまではじめられましたw

そしてパック保湿している間に、ホットカーラーで巻いていきます。
温めている間に、保湿が終わった肌にメイクをしていただきます。
すごぉく丁寧に仕上げていただき、満足です。
当日は泣いてもいいようにまつ毛エクステを付ける予定ですが、前撮りはつけまつげを持参してつけてもらいました。
おおお、濃い!けどプロの技はすごい!ほんわかした^^**

メイクが終わるとヘアセットです。
さっきのホットカーラーがイイ感じに方がつく頃なのではずしていきます。
私の髪は長いわりに根元ペッタンなので、ホットカーラーで巻いてもらうだけでもだいぶ雰囲気変わりました。
ホワホワした髪全体を使って、割ときっちり目にまとめてもらいました。
今してもらってる髪型は挙式の時のスタイルなので、後ろ姿が美しいようにうなじがきれいに見えるような髪型にしてもらいました。

ヘアセットが終わると、いよいよドレスです。
慣れた手つきで着せていただくと、鏡には完璧な花嫁姿の自分が!
前撮りやサイズ合わせ等で何度も着てもう新鮮味はなかったんですが、ちゃんとメイクして髪の毛もまとめてもらってのドレス姿はちょっと違った!
正直、自分でうっとりしてしまいましたw ごめんなさいw

早速撮影スタート!


用意が整うと、挙式へ移動。
途中、旦那とご対面!
どうだ旦那よ、かわいいであろう。

私 「どうどう?かわいい?」
旦那 「え、俺が?」

何を言っているのだこの男は。
そんな冴えない返事しかできない旦那はシカトして会場へ着きます。

まず挙式のバージンロードでフォーマルフォトを撮ります。
ドレスは歩くのに大変困難で、私が歩くたびにスタッフさんが裾を直してくださりました。
撮影中思ったのは、とにかくスタッフが多い!という事。
まるでモデルさんかのように、撮るたびに前髪を整えてくれたり、ブーケのリボンを確認してくれたり…

フォーマルフォトを取り終えるくらいに義母さんと義妹ちゃんが来てくれました。
こんな家族総出の前撮りは珍しいと思いますが…

フォーマルフォトはこんな感じで仕上がってきます。
参考になれば…
ウェディング


この後、カメラマンの指示により恥ずかしいポーズをさせられます。
密着したり、抱きついたり、見つめあわされたり…
極めつけは「キスしてください」との事。

おーいいよ、いいんですよ。
いいんだけど、ギャラリーに身内が多すぎるよ。。。
結局、実母と義母、義妹の前でキスさせられた私たち。
大変気苦労いたしました。

ヘアチェンジで屋外撮影へ


そんなこんなで室内の撮影を終えると、次はヘアチェンジして野外撮影となります。
髪型が変わると、また印象違って同じドレスでも気分が変わりました!

屋外での撮影では天気がかなり左右するので、前撮り当日晴れてよかったなぁと思います。
式当日は5月なので晴れが多いとは思いますが、もし雨になっても前撮り写真があるから大丈夫ですね。

外はチャペルの階段部分で写真を撮ったり、階段下でお姫様抱っこをしたり抱き付いたり…
相変わらずいちゃつかされました。

次は和装に着替えて撮影です。
それについては明日の記事で書いていきますね*



ブログランキングに参加しています。
面白いと思って下さったら、1日1クリックで応援してもらえると励みになります!
クリックして応援してください


▼いつもありがとうございます。 もし気に入っていただけたらソーシャルブックマークでシェアしていただけると大変励みになります。


【アルカンシエル】合同説明会に行ってきた【リュクスガーデン名古屋】

アルカンシエル合同説明会
私としたことが…!!涙

アルカンシエル合同説明会とは


昨日の記事に続き、結婚式場アルカンシエル(リュクスガーデンリュクスガーデン名古屋)での打ち合わせの一つ「合同説明会」についてレポしたいと思います。
アルカンシエルで挙げるわけではないけどこの記事を見てくださっている方々のために説明しますが、アルカンシエルでは結婚式3か月前に、挙式予定者を一斉に集めて、まとめて打ち合わせを一日かけてしてしまう「合同説明会」という物があります。
けしてウェディングフェアではないのでご注意ください。

私たちは5月に挙式予定の為、2月に合同説明会に参加しました。
昨日の衣装選びの記事と隣り合わせになっているのでこの二つの行事は近日に思われるかもしれませんが、衣装選びは式半年前である11月くらいだったため、ちょっとタイムラグがあります。
この日は平日で、7時間かけてじっくり打ち合わせしていきます。

ホント長くて泣きそうだったので、淡々と説明していきますね!
思い出すだけで果てしない!

まずは試食からスタート


当日はお昼時間からスタート。
受付をすますと披露宴会場のごとく飾り付けられたフランス館(だったと思う)に案内されました。
皆がそろうと、すぐにファッションショーがスタート。
カラードレスや色打掛などを着たアルカンシエル職員がお披露目されていました。
ウェディングドレスがないのは、ここにいる人たちはもうみんなオーダーが終わっているからでしょう。
着物やカラードレスの高い奴をみせて、今後お金を落とすかもしれない人たちにアピールしているのでしょうか。
衣装は前回の通り最安値で決定したので、ファッションショーには目もくれず、運ばれてくる料理を心待ちしていました。
この日いただけたのは、コース料理のうちの3品。
前菜とメイン皿(牛ステーキ)と、デザートをいただきました。+焼き立てパン
とてもおいしく、華やかなお皿で、感じがよかったです。
同席した親2名の分まで用意していただき、とても素敵な時間でした。
あえていうならこの時間を7時間の中間においてほしかったという事ですね。
その後の6時間、相当つかれました。
これからの方、覚悟しておいてくださいね!

ここから間髪入れずに打ち合わせ


書くのも思い出すのも膨大なので、簡単に書きますが、ホントにいつ終わるんだよ!と突っ込む間もなくただただ話し合いが続きます。
しかもすべての打ち合わせにおいて、担当者が変わります。
これは「各専門家が対応しています!」って意味なんでしょうが、正直勘弁してほしかったです。
一人の担当者が聞き出して伝達する方が、安心するしお互いにとって好都合だと思うんだけど・・・

追記
今後記事に書くかもしれないし書かないかもしれないですが、正直に言うとこの頃からアルカンシエルに対して不信感が私たちの中で出てきていました。
初めは最高の結婚式場と思って選んだのですが、年明けて名前がアルカンシエルからリュクスガーデン名古屋に変わってから、もやもやした点が多々出てきています。
この一文を見てくださっている方の中には「アルカンシエルは100点満点だ!文句言うんじゃない!」と思われる方もいると思いますが、あくまで私たちの目線で書かせてください。
不快な思いをさせてしまったらごめんなさい。
その不信感の原因になった事項は、いつか書くかもしれないし、書かないかもしれません。
モラル的な問題もあるので今はふせさせてください。
今回の記事の内容とは全く関係ありません!

まぁ愚痴はここまでにして、さっそくレポしていきます!

ウェディングケーキについて


ウェディングケーキの打ち合わせです。
私たちのテーマは「うさぎ」なのでうさぎのマジパンを使いたかったんですが、そういうのに対応すると価格がポーンと上がってしまうので、いきなり断念しなくてはいけなくなりました。
うさぎ型シルエットのチョコプレートなら比較的安めで出来るとのことだったので、それでお願いしました。
フェアで聞いた時よりずっと高かったので、正直不満ではありましたが納得できました。

テーブルクロスについて


クロスは色数はあまり多くはないですが、どれも品がいい物でした。
本当は青緑がよかったですが、なかったので薄ピンクにし、ナフキンはブラウンにしました。

アルバムについて


アルバムは他で発注しようと思ったのでデータだけでも良かったのですが、アルカンシエルはデータだけは取り扱っていないらしいので、前撮り+当日のアルバムを一冊と、フォーマルな3枚アルバムを両家様に2冊お願いしました。

前撮りについて


前撮りはアルバムで頼んだ場合に発生しますが、頼んでなくてもメイクリハーサルとして、式1か月前くらいにトータルリハをするようです。
この日に前撮りの日にちを決めました。

ビデオについて


当日に流すビデオについてです。
お金がかかるので自作でやろうと決めたのに、旦那が当日寝返って結局頼む羽目に。
未だに腑に落ちない点ではあるのですが…3分のビデオに14万円・・・orz
うん、この時点でだいぶオーバー気味。

料理について


これについては反省しています。
なぜかあれとあれという間に値段が上がり…
値段ごとにコース料理が並んで見比べられるんですが、けして比べちゃいけません!
上手いように、値段ごとに外見はよくなっています。
でも当日は比べるわけじゃないし、もともと一番安いコースだったわけじゃなかったのに、なぜか2段階上がってしまいました。
一人5千円かずつ上がると、80人では40万上がってしまいます。
この日は親もいたのであまり強く言えなかったけど、絶対最終的には下げようと思います。涙

引き出物について


引き出物は会場玄関付近にいっぱい展示されており、帰りにパンフレットを大量にもらいます。
これはこの日決めるわけではないので、持ち帰ってじっくり決めてもらいます。

オプションについて


その他もろもろについて説明していただきました。
光のセレモニーっぽい物やシャンパンシャワー、キャンドルサービスやバーニングLOVEと言われるなんかすごい奴(笑)を見せてもらいました。
黒ひげゲームも実際することが出来、いろいろ盛り上がりました。

こんな感じでしょうか。
多すぎてまだあったかもしれませんが覚えてません。

妙な達成感と落とし穴


大変ハードな7時間ですが、今までドレス以外何も進んでいなかった結婚式準備がいきなり動き出した感じがして、終わった後は妙な達成感がわいてきました。
ちょっとキラキラした気分で会場を出ようとすると
「お客様、こちらが訂正したお二人の見積もり書です」
と手渡された見積もり書。
どれどれ、おいくらかしらと見てみると…

ぎょぎょ!!!

高い!高いよ!!どういう事!!


見積もり書と照らし合わせながら打ち合わせしたのに…
敗因は料理のランクアップだとおもいます。
なんだか負けた気分です。旦那に。笑
でもまだ料理の見直しはできるので、これからいろいろ話し合おうと思います。


ブログランキングに参加しています。
面白いと思って下さったら、1日1クリックで応援してもらえると励みになります!
クリックして応援してください


▼いつもありがとうございます。 もし気に入っていただけたらソーシャルブックマークでシェアしていただけると大変励みになります。


検索フォーム
QRコード
QR
ブログランキング
▼ スポンサード リンク


▼いつもありがとうございます。
もし気に入っていただけたらソーシャルブックマークでシェアしていただけると大変励みになります。